雑学

コカイン、大麻、MDMA…違法薬物の種類によって使用者の挙動はこんなに違う

 高知東生や高樹沙耶など、芸能人の薬物検挙が目立った2016年。世間的関心の高まりもあり、以前にもまして違法薬物使用者や売人にかんする報道が目立っている。だが、一口に違法薬物といってもその種類や用途は様々であり、それらを全て十把一絡げにまとめることはできない。違法薬物は成分はもちろん、症状や依存症の程度などさまざまな面で薬物ごとに特徴が異なる。

 実は、見る人間が見れば違法薬物の使用者がなんのドラッグを使用しているかというのはある程度は判断できるという。

 報道で耳にするような代表的なドラッグ別に使用者に現れる行動を、違法薬物事情に詳しい元覚醒剤使用者である福本正晴氏(仮名・29歳・男性)に聞いた。

1:大麻・マリファナ


 各方面で話題に事かかない大麻だが、大麻の使用者には特有の動きがあると福本氏は語る。

「大麻を吸っている人はわかりやすいです。まず目が充血して、トローンとしてます。あとよく飲み物を飲みます。人によっては普段より挙動不審になってたり、だらだらしていたりしますが、見極めるポイントは、やはり目。大麻を常用している人には吸う事を肯定してるケースが多いので使用を打ち明けてくれる人も少なくありません」

次のページ 
コカイン、LSDの場合

1
2
3





おすすめ記事