雑学

「うがい薬」は風邪予防に逆効果!? 実は病気を招く生活習慣ランキング

平均寿命が年々延びている長寿大国日本。しかし、死ぬまで健康でいられるわけでもなく、「太った」「疲れやすい」など体の悩みは尽きないものだ。いったい我々はこの先どのように生きたら健康でいられるのだろうか。そこで今回、各識者の意見を参考に「不健康になる」ランキングを作成。果たして、あなたの健康状態は大丈夫?

<これをすると病気を招く 生活習慣ランキング>

1位 風邪予防にイソジンでうがい
2位 歯磨きをパパッと済ませる
3位 気がつけば口呼吸している
4位 加湿器のボトルを洗浄しない

風邪予防に行っている「うがい」や「加湿器」が病気を呼び込む?


歯磨き

歯磨きやフロスなどマメな口腔ケアで、インフルエンザの感染率が10分の1になったという

 よかれと思ってやっている病気の予防法が実は逆効果になる場合もあると大谷義夫医師は話す。

「イソジンなどのヨード液が入ったうがい液は風邪予防に有効と思われがちですが、実は水でうがいをしたほうが予防になるという研究データがあります。殺菌性があるヨード液は風邪をひいた場合はいいですが、予防で使うと正常な細菌まで退治してしまうのです」

 むしろ日頃の歯磨きを丁寧に行ったほうが風邪の予防に繋がる。

「口腔内にはインフルエンザウイルスを増殖させる菌があるため、歯を磨けている人のほうが感染しないのです。また、無意識に口呼吸している人も注意。喉を乾燥させるとウイルスが侵入しやすいからです。絶対に体調を崩したくない人は免疫力を高める鼻呼吸や腹式呼吸を日頃から意識するのが一番です」

 乾燥対策につねに加湿器を稼働させるのもいいが、汚れた水を使い続けていないだろうか?

「古い水から出る蒸気には、バクテリアなどの細菌がまん延しています。それを吸い込んで、気管支炎や肺炎になった人も多いです」

次のページ 
ゴキブリも甘く見てはいけない

1
2




おすすめ記事