恋愛・結婚

さまざまなフェチジャンルが大集合!「フェチフェス10」フォトレポート

 日本橋富沢町の綿商会館で4月30日(日)、あらゆる分野の「フェチ」の祭典「フェチフェス10」が開催された。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1329126

フェチフェス

新木場3Daysを間近に控えるキャットファイト団体「Cat Panic Entertainment(CPE)」のブースも

 フェチフェスフロンティアが主催する2013年1月の第1回から続く同イベント。「世界に誇る」ジャパニーズ「フェチ」を共通テーマに、アーティスト・コスプレイヤー・アートディレクターや専門出版社・映像制作会社などジャンルの境界線を越えたボーダーレスな即売会とパフォーマンスイベントなどが行われる。第8回からは綿商会館を全館貸し切って実施。節目の10回目となる今回も多くの来場者が訪れ、「つるぺた研究所」「信長書店」「コスプレ一本勝負」など、さまざまなフェチジャンルの個人や同好会、企業など約100団体が参加した。

北見えりさんの監督によるギリギリR15のROM新シリーズ『白濁ろまん』に出演する玉響桃乃さん

 また、同エリアでは「ショルダーバッグが女性の胸にスラッシュのように斜めにストラップが走る」ということから命名され、萌え要素の一つとして認知されるようになった「パイスラ」の様を競い合う「パイスラ選手権」も開催。

水曜 新宿てんぐBAR、木曜 秋葉原デカバーGTなどに出没するという下ネタ全開パーティーガールてんぐちん

 選手である計7名の“パイスラッシャー”は全員がGカップ以上の持ち主。おっぱい自体のボリュームもさることながら、パイスラの見せ方にも趣向を凝らされており、多くの観客がカメラのシャッターを切っていた。

 「フェチフェス」の各ステージは毎回売り切れが続出するが、パイスラ選手権は20分程度で完売したという人気ぶり。観客たちからは次回開催を切望する声も多く聞こえた。

鞭・首輪・拘束具などオリジナルハンドメイドなフェティシュ系ファッションアイテムの製作と販売する常連ブースのひとつ銀龍堂。ギロチンは前日に自作したとか

 今後のさらなる盛り上がりをみせそうな大人気イベント「フェチフェス」。内に秘めたどんなフェチでも解放できる自由な場、オープンでいられる貴重な場として、その存在感を増していくに違いない。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1329131

<取材・文/日刊SPA!取材班>




おすすめ記事