雑学

個人情報がダダ漏れ!危険なサイト&アプリ

四六時中スマホを手放さず、SNSで誰かと繋がっていると、望むと望まざるとにかかわらず、膨大な個人情報を日々ネット上に残していることになる。では、自分の個人情報はどれだけ流出しているのか? セキュリティの専門家や被害者、さらには記者の検証により、個人情報ダダ漏れ社会の実態を詳らかにする!

身近なサイトが狙われる! 危険なサイト・アプリ


インターネット「アカウントが乗っ取られた場合、個人情報やお金が盗まれるだけでなく、企業や行政サイトへのサイバーテロの実行犯アカウントとして利用されることがあります。ハッカーが狙うのは、省労力で多量のデータを盗める人が多く集まるサイト。一度の攻撃で効率よくカネになるからです」

 そう解説するのは、内閣サイバーセキュリティセンター上席分析官の文月涼氏だ。もっとも危険度が高い(※ランキングは下記参照)のは、セキュリティ意識が低い大手の会員制ウェブサービス

大手画像サービス「Tumblr」

記者のアカウントが流出した大手画像サービス「Tumblr」。このようにIDとパスワードが必要なレガシィなサイトは個人情報流出リスクが高い。

「大手だからといって油断できません。先日も米国で1社から30億件の流出がありました。情報を管理するサーバーからアカウントデータが丸ごと抜かれてしまうことも。さらに他のサイトでも同じIDとパスワードを使っていた場合、芋づる式にあらゆるアカウントが乗っ取られることもあります」(文月氏)

 自分の手に負えなくなるのは2位のメーカー保証のない“野良スマホアプリ”も同様だ。

野良アプリ

スマホゲームの点数を不正に上げるメーカー保証のない”野良アプリ”や、新規プロファイルのインストールはウイルスが入る温床だ。

「メーカーがいくらセキュリティを強化しても、利用者の意思で不正なアプリやプロファイルをインストールしてしまえば意味がない。玄関の鍵を自分から外して不審者(ウイルス)を招き入れるようなもの。たちまちスマホが正常に作動しなくなり、謎のアイコンが増え続けるなどの被害を受けます」

次のページ 
海外サイトで「暗号化通信」なしのクレカ番号入力は…

1
2




おすすめ記事