雑学

インスタ映えにもインスタ萎えにも応用できる? 山田ゴメス記者が被写体の立場から考える「相性の良いカメラマン」

 ネット版のFLASHによると、写真家の蜷川実花と歌手の福山雅治が、1月5日放送の「『天海祐希・石田ゆり子のスナックあけぼの橋』×福山雅治『ウタフクヤマ』合体新年会SP」に出演し、写真を“撮る側”と“撮られる側”の心情について語り合った……らしい。その対談の一部を抜粋してみると、以下のようなものであったという。

福山:撮りたくない人はいるんですか?

蜷川:撮りたくない人はいないですけど、でも「どうしても合わない人」っていうのは、やっぱり何年に一人はいますね。

(写真家としても活動している)福山:写真家にとって合わない被写体とはどういうことか?

蜷川:私は言葉でのせるとかあんまりやらないので、信頼関係ができていないといい写真ができない。私がどう思っているか、写る方がどう思ってくれるかが、すごく写るんです。だから、どうしても合わない人はたまにいる。

(過去の蜷川との撮影を振り返りながら)福山:(でも)いっぱい褒めてくれたじゃないですか。

蜷川:それは心から出ちゃってるんです。「うわ~かっこいい」っていうのがボソボソ聞こえてるんだと思う。

 (本記事を読むかぎり)終始褒め殺しな感じのやりとりではあるけれど、カメラマンと被写体とのあいだに生じる「合うor合わない」といった“相性”ってヤツは、蜷川氏がおっしゃるとおり、たしかにある!

 ……ってなわけで、今日はワタクシ山田ゴメスことゴメス記者が“被写体”の見地から、「撮る側と撮られる側の相性」について、あれこれと考えてみたい。

次のページ 
全幅の信頼を寄せている2人のカメラマン

1
2





おすすめ記事