ニュース

台湾地震への支援にフリーメイソンが動く!?「本の印税全額寄付」で話題の高須院長が秘密結社の意外な活動を明かす

――また、フリーメイソンを通じた支援も話題となっていますが、そもそも院長はフリーメイソンだったんですか?

高須:もちろん、僕はフリーメイソンの会員だよ。

――よく、「裏で世界を牛耳っている秘密結社」とか言われている、あのフリーメイソンですか?

高須:フリーメイソンに関する世の中の情報は、どれも都市伝説ばかりだよ(笑)。フリーメイソンの起源は諸説あるけれど、中世ヨーロッパの石工の集まりから始まったと言われている。近代フリーメイソンは1717年にイギリスで発足して、300年の歴史があるんだ。会員は世界に数百万人くらい。そのうち日本の会員は2000人弱。だけど大半は在日米軍の関係者で、日本人は200人くらい。東京タワーのふもとにある日本グランドロッジっていうところが日本のフリーメイソンの本拠地で、他に国内14カ所にロッジがある。

――フリーメイソンと支援活動というのがいまいち結びつかないのですが……。

高須:いやいや、フリーメイソンは簡単に言えばボランティア団体なんだよ。活動内容を非公開にし続けているから、いつまでも邪悪な秘密結社って思われているけど(笑)。フリーメイソンは慈善活動などを行っている友愛結社で、いたって平和的な団体なんだよ。ウェブサイトもあるし、情報もオープンにしている。今度の本の中でもいろいろ書いてるし。ただ、中で行われる儀式なんかについては、外部に情報を漏らさないことを原則にしている組織ってだけ。それ以外は、それなりに地位のあるおじさんたちが集まって、養護施設の掃除に行ったり、子供たちのためにお祭りを開いたり、かなり素朴に活動してます。

次のページ 
高須院長が“出家”した理由とは?

1
2
3
炎上上等

「誰も言わないなら僕が言う! 」暴論か? 正論か!? 数々の言動や破天荒な行動で物議を醸す著者が、言いたいことが言えない世の中をぶった斬る!!





おすすめ記事