カーライフ

中古38万円の高級車セルシオ vs 新車の軽自動車、どっちが得か考察 <腕時計投資家・斉藤由貴生>

 腕時計投資家の斉藤由貴生です。いいものをお得に消費する日々を送っている私ですが、最近時計のほかに高級品を1つ買いました。いいものといっても私の著書『もう新品は買うな!』に書いたとおり、売る前提であれば本質的にはまったく高くありません。

 さて、私が買ったいいモノとは車なのですが、その車とはトヨタ・セルシオ。セルシオといえばかなりの高級車として有名ですが、今回そのクルマを38万円(総額)で買いました。

38万円の高級車セルシオか新車の軽自動車か。お得なクルマの買い方考察【腕時計投資家・斉藤由貴生】

38万円で買ったトヨタ・セルシオ

 クルマに興味のない人からすると、「廃車寸前のボロボロ車を掴まされたネタ」かと思われるかもしれません。また、クルマに詳しい人からすると「今時セルシオかよ、しかも30前期(笑)」という感じでしょう。そして38万円で買っても税金が高かったり、維持費が高いと突っ込む人も多々いるでしょう。

 なんてたって、このセルシオはV8 4.3リッターという巨大なエンジンが搭載。多くの人がハイブリッドカーを買い、セルシオクラスの高級車までもが2リッター程度までエンジンをダウンサイジングする今では、かなり敬遠されるクルマです。

 実際、先日私の手元には8万7900円もの自動車税納付書がやってきました。また、数か月走った結果の平均燃費はリッター6kmといったところです。これがハイブリッドのクラウンやレクサスGSならば、自動車税は5万円以下、燃費はリッター10kmを超えるでしょう。

38万円の高級車セルシオか新車の軽自動車か。お得なクルマの買い方考察【腕時計投資家・斉藤由貴生】

38万円のセルシオの内装

 セルシオはあまり壊れるクルマではなく、整備代がそこまでかからない反面、高い自動車税と燃費の悪さは、維持費の高さに繋がりそうなところです。

 そのため、38万円で買えるといっても結果的に高い買い物になるのではないかと思う人が大多数でしょう。しかし、私はこのセルシオこそお得だと断言します。

 どれぐらいお得なのかというと、新車で軽自動車を買うよりもお得です(※資料・図1参照)。

<3年乗った場合の総額>

●購入額と下取り額の差額
・セルシオ 38万円-18万円=20万円
・軽自動車 141万1480円-55万円=86万1480円

●年間1万km走った場合の維持費×3年
・セルシオ 37万9642円×3年
・軽自動車 17万5068円×3年

●3年間の合計
・セルシオ 133万8925円
・軽自動車 138万6683円

⇒【資料】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1332381

38万円の高級車セルシオか新車の軽自動車か。お得なクルマの買い方考察【腕時計投資家・斉藤由貴生】

※年間総額の内訳は図2を参照

 最近、軽自動車が人気のため下取り額はいい傾向ですが、新車価格も高いため、結果的にクルマに支払う金額は80万円程度と考えるのが妥当でしょう。

 定価を見れば、かなり安く感じる軽自動車でも、オプションやら納車費用やらで、その総額は140万円ぐらいになるかと思います。メーカーのホームページで軽く見積もりした結果でも上記のように141万円という額になりました。

38万円の高級車セルシオか新車の軽自動車か。お得なクルマの買い方考察【腕時計投資家・斉藤由貴生】

1年間に負担する総額は新車のワゴンRより約20万円高いセルシオ

 なお、買取価格については、今から3年前に販売されたワゴンRの上記同グレードの買取相場を確かめた結果です。

 新車のワゴンRとセルシオの購入総額では、約66万円のワゴンRのほうが高い一方、ガソリン代や税金などの年間維持費も含めた年間総額は、ワゴンRのほうが約20万円安いという計算になります。ですから、3年乗るという前提だとワゴンRとセルシオはほぼ同じ額となるのです。

 ワゴンRの購入総額と買取額を合計した80万円という額が、一般的に「安く買える車」としての印象となるかと思います。確かに、支払総額10万円の軽自動車を買えば、それよりかなり安くなりますが、消費者としては快適性も捨てたくないところです。

38万円の高級車セルシオか新車の軽自動車か。お得なクルマの買い方考察【腕時計投資家・斉藤由貴生】

タイヤは新品のミシュランに交換。ネット最安で買い持ち込み交換で総額5万円程度でした

次のページ 
快適性においては、右に出るものはいない

1
2
もう新品は買うな!

もう大量消費、大量生産で無駄遣いをするのはやめよう





おすすめ記事