エンタメ

なぜイタリアのメタルバンドはアニソンをカヴァーするのか? 伝説のバンドSKYLARKのフロントマンが語る

<文/ 山野車輪 連載第39回>

カトリック総本山イタリアで起きたブラックメタル・バンドの衝撃事件


 グッチやプラダ、ブルガリなど有名ファッションブランドが多いイタリアは、実はホラー映画の産地としても有名である。そのようなお国柄であり、またDeath SSやBULLDOZER、NECRODEATHなどがかろうじて知られていることから、黎明期のイタリアのメタル・シーンはサタニックまたはホラー系バンドの産地であると、日本の洋楽メタラーから思われていた。これは、イタリアがカトリックの総本山であることと無関係ではないだろう。そもそもロックとは、既存社会に対する反逆という側面が大きいのだから。

70年代後期から活動するカルトコスプレメタル・バンド=Death SSの1stアルバム『In Death of Steve Sylvester』(1988年)。

 1998年、ミラノで活動していたBestie di Satana(“サタンの獣”の意)というブラックメタル・バンドが、殺人事件を起こした。バンドメンバーほか10人が参加していた悪魔儀式サバトで、若い男女2人を魔王サタンに聖母マリアを捧げる生贄として殺害した事件であり、当時、イタリアでは大きな話題となった。ブラックメタル・バンドにおける殺人や教会への放火などの事件は、ノルウェーが有名だが、イタリアでも起こっていたのだった。

イタリアのへヴィメタルバンドの日本上陸


 ところで多くのイタリア人はこのBestie di Satanaについて、ミュージシャンではなく単なる犯罪者と認識している。同国のメタル系アーティストも、違う世界で起こったことと考えている。80年代のイタリアは、サタニックまたはホラー系バンドばかりではない。NWOBHMっぽいサウンドのバンドも少なくなかった。しかし、日本のメタラーに届くイタリア産メタル・バンドは、90年代中頃まではほぼ皆無と言うべき状況だったので、上記の経緯から、イタリアはサタニックまたはホラー系バンドの産地であるとの誤解があったのだ。

 90年代中頃、北欧からネオクラシカルメタル・バンドが複数登場し、またメロディックデスメタルとブラックメタルも盛り上がりを見せた。そして90年代後半期には、ヨーロッパ各国からシンフォニックメタル・バンドが登場した。

 その頃、イタリアからもLABYRINTH、SKYLARK、RHAPSODYの3バンドが登場し、以降、多数のメロスピおよびクサメタル系のクサくてダサい(褒めてます)バンドが排出され、イタリア産メタルは日本のクサメタラーに支持されるようになった。

次のページ 
日本のアニソンをカヴァーするイタリア産メタルたち

1
2
3
4
ジャパメタの逆襲

LOUDNESS、X JAPAN、BABYMETAL、アニメソング……今や世界が熱狂するジャパニーズメタル! !  長らくジャパニーズメタルは、洋楽よりも「劣る」ものと見られていた。 国内では無視され、メタル・カーストでも最下層に押し込められてきた。メディアでは語られてこなかった暗黒の時代から現在の世界的ブームまでを論じる、初のジャパメタ文化論。★ジャパメタのレジェンド=影山ヒロノブ氏(アニソンシンガー)の特別インタビューを掲載!




おすすめ記事