ニュース

“群馬のブラジル”すでに移民と共生する町を歩く/古谷経衡

― 連載「ニュースディープスロート」<文/古谷経衡> ―

外貨換金所

群馬県邑楽郡大泉町内にある外貨換金所。ここから海外への送金が可能で、看板もポルトガル語で書かれている

 群馬県邑楽郡大泉町は、総人口4万人のうち、実に約16%を外国人が占め、その大半はブラジル人であることから「群馬のブラジル」と称されている。起源はかつて三洋電機がこの地に国内最大の冷蔵庫製造工場を造った折、大量の日系ブラジル人労働者を雇い入れたことに始まる。が、三洋電機はその後、パナソニックに吸収される形で消滅した。行き場を失ったブラジル人は母国に帰ることもできず、この地にコロニーをつくった。これが「群馬のブラジル」誕生の大まかな経緯である。

大泉町 街を歩くと、ポルトガル語の看板が氾濫している。ブラジルは世界最大のポルトガル語国家だ。ブラジル人向け雑貨店ではブラジルの雑誌と日刊紙が所構わず並べられている。まさに地球の裏側に遷移した感を受ける。

ブラジルの雑誌

街にはブラジル料理店やブラジルの雑誌を取り扱う雑貨屋が多い。日系ブラジル人も多く、人当たりはみな優しかった

 町内にあるブラジル料理の店も繁盛している。私が行った店では、ちょうど地上波番組のクルーが取材中であった。大泉町=ブラジルのイメージは確実に定着しているようだ。ブラジル家庭料理とされる、旨い「フェイジョアーダ(大豆と牛肉などを煮込んだシチュー)」を食した。


次のページ 
彼らのコミュニティの内側を覗く

1
2





おすすめ記事