カーライフ

2018年もっとも売れたミニバンは何? トヨタでもホンダでもない日産が一番売れた理由

 クルマに興味はあるけど、趣味がクルマというほどではない。クルマに興味はないけど、家族も増えたしそろそろクルマが必要になりそう……。そんな人たちに「2018年に日本で売れたクルマは?」と聞いても、きっと「トヨタの何か?」という答えが返ってくるのは、自然なことだろう。

 今どんなクルマが売れているのか? それを知りたくなるとしたら、クルマを本気で買おうと思い出しているときだ。では、今一番売れているクルマは何なのか?

2018年もっとも売れたクルマはノート! ではミニバンは?


 一般社団法人日本自動車販売協会連合会の「乗用車ブランド通称名順位」によれば、昨年もっとも売れた国産乗用車(軽自動車を除く)はノート(日産)。「トヨタのアクアやプリウスじゃないの?」と驚いた人もいるだろう。

 では、ファミリー層がもっとも気になるミニバンで、もっとも売れたクルマは何か? 「さすがにトヨタでしょ?」と思うだろう。

 昨年もっとも売れたミニバンはセレナ(日産)だ。トヨタのノアやボクシーでもホンダのステップワゴンでもない。日本自動車販売協会連合会の統計には、ズラリとトヨタ車が並ぶなか、昨年はノートやセレナが大健闘したのだ。

セレナ(日産)。写真はe-POWER

 とはいえ、「ミニバンはどれも似た感じだし、どれもそれほど大差ないのでは?」と思う人もいるだろう。そこでセレナと、そのライバル車であるトヨタのヴォクシー、ホンダのステップワゴンの主要装備などを一覧にしてみたのが、この表だ。

セレナ(日産)、ヴォクシー(トヨタ)、ステップワゴン(ホンダ)を比較。メーカー、ディーラーオプションを含む。グレードにより仕様は異なる。日産調べ

 自動ブレーキなどの安全装備や燃費、室内サイズなどを比較してみると、自動運転のようなヴォクシー、ステップワゴンにはない機能がセレナには装備できるだけでなく、燃費もよく、室内長や室内幅がクラスNo.1であることがわかる。踏み間違い衝突防止機能を選べる点も他車にはない魅力だ(※日産調べ。メーカー、ディーラーオプションを含む。グレードにより仕様は異なる)。

 しかもセレナには、ヴォクシー、ステップワゴンにはない特別なセレナがある。それが2018年3月1日に登場したセレナe-POWERだ。

ヴォクシー、ステップワゴンにはない電気自動車を選べるセレナ


 e-POWERとは電気自動車の一種。リーフとは違い、エンジンは搭載するものの発電のみに利用し、車両は大出力モーターのみで駆動するのが特徴だ。

発電用の1.2リッターガソリンエンジン+駆動用のモーターを搭載する

 リーフのような電気自動車では必要な充電設備と充電時間が不要で、発電用のガソリンを入れた分だけ走行でき、燃費はリッター26.2km(JC08モード、以下同)とクラストップレベルを誇る。

 実際に今回e-POWERを運転してみたところ、まず驚いたのがその静かなこと。運転席と3列目の会話もスムーズ。初めて乗った人は「クルマって、こんなに静かなの?」とビックリするだろう。

 加えて、モーター駆動による滑らかな加速や力強さはもちろん、アクセルのみで加減速ができブレーキを踏む動作がほとんと必要ない点も新鮮だ。

 e-POWERにはS(スマート)、エコ、ノーマルの3つの走行モードが用意されているが、ノーマルが一般的なクルマを運転しているような感覚で、Sとエコはワンペダルドライブに適した強い減速感が得られる。

 アクセルペダルを踏んで加速し、一気にペダルを戻すと、「グワ~っ!」とクルマが急減速する。続いて、アクセルを踏んで加速したあと、今度はペダルを「ジワ~っ」と戻してみると、アクセルを戻したぶんぐらい、ちょうどよく減速する。アクセルを急に戻せば急減速、ゆっくり戻せば戻した分だけ減速する。右足のアクセルとクルマがつながっているような一体感はやみつきになりそうだった。

 しかも、リーフでおなじみの「プロパイロット」も搭載する。ドライバーに代わってアクセル、ブレーキ、ステアリング制御して運転操作をサポートor支援してくれる「プロパイロット」は、高速道路のクルージングでは便利で、このうえなくありがたい機能だ。

 いずれも簡単なボタン操作で、こうした便利機能を使えるのだから、運転が苦手な人でも安心できる。

 充電の心配なしで電気自動車のような恩恵を受けられるe-POWERは、現実的な選択なのだ。その証拠に、昨年一番売れたクルマのノートにもセレナにもe-POWERのモデルがある。この2台の大躍進の裏には、e-POWER人気があるのだ。実際、セレナの場合、販売の約4割がe-POWER。賢いユーザーに支持されているのだ。

e-POWERだけじゃないセレナの魅力とは?


 もちろんセレナにも、ライバル同様ハイブリッドモデルのSハイブリッドもある。燃費はe-POWERには及ばないが(ハイウェイスターVセレクションⅡでリッター16.6km)、それでもヴォクシーやステップワゴンを上回っている。

 また乗車定員も、床下にリチウムイオンバッテリーを搭載するe-POWERが7人なのに対して、Sハイブリッドは8人と1人多い。2列目シートがe-POWERが2人に対して、Sハイブリッドは3人(Sハイブリッド車とガソリン車は「スマートマルチセンターシート」を利用)。プロパイロットなどの安全装備などは同じ装備を選択できるので、8人乗りが欲しければ、Sハイブリッドということになる。

室内の広さは一緒だが、e-POWERは2列目が2人乗り

 結局、売れたクルマにはそれなりの理由があった。決して安い買い物ではないクルマの購入を検討する際は、やはり売れているクルマを選択肢に入れるべきだろう。そのほうが、失敗も後悔も少ないはず。まずは、実際に自分で乗って確かめてみることをオススメする。特に未体験のドライビングが楽しめるe-POWERは、実際に運転してみないとわからない。「学問なき経験は経験なき学問に勝る」なのだから。

<取材・文/日刊SPA!取材班 撮影/池之平昌信>

提供/日産自動車





おすすめ記事