デジタル

品切れ続出!フィットネスゲーム『リングフィット アドベンチャー』がブレイク寸前

ゲームコラムニスト・卯月鮎

卯月鮎

『リングフィット アドベンチャー』 Nintendo Switch/任天堂/7980円+税/発売中  10月18日に発売されたNintendo Switch向け(※Nintendo Switch Lite非対応)タイトル『リングフィット アドベンチャー』が話題になっています。「30分で効率よく運動できる」「太ももにめっちゃ効く」「ハマってヨガマットまで買ってしまった」など口コミで評判が広がり、家電量販店でも品切れになる店舗が続出しています。

口コミでブレイク寸前の『リングフィット アドベンチャー』の公式サイト

『リングフィット アドベンチャー』は、体を動かして操作する任天堂のフィットネスゲーム。Nintendo Switchでの体感操作というと2017年発売の対戦格闘『ARMS』がありましたが、2007年に発売され2267万本を売り上げた『Wii Fit』のようなフィットネス系ゲームは、このところ任天堂からは発売されていませんでした。 『リングフィット アドベンチャー』には「リングコン」と「レッグバンド」という2つの周辺機器が同梱されています。これに1つずつJoy-Conをセットしてゲームスタート。 「リングコン」は両手で握って操作する、大きな輪っか状のコントローラ。バネのように元に戻る素材でできており、高精度の「力センサー」を内蔵。押し込む、引っ張るといった腕の動作を認識できるのが特徴です。一方、左足の太ももに装着する「レッグバンド」は足踏みや膝の屈伸などの下半身の動きをJoy-Conのセンサーで感知します。

右の大きな輪っかが「リングコン」、左は足に着ける「レッグバンド」

 この2つの周辺機器を用いて全身を動かしながら、さまざまなフィールドを冒険する「アドベンチャー」モードが『リングフィット アドベンチャー』のメイン。足踏みすると画面のなかの主人公が走り、敵と遭遇するとターン制のバトルに突入! 「スクワット」「グルグルアーム」「チョウツガイのポーズ」などの「フィットスキル」を選び、実際にメニューをこなすことでダメージを与えられます。RPG風のスタイルとフィットネスの融合が飽きずに遊べる理由です。マンション向けには足踏みの代わりに膝の屈伸で走る「サイレントモード」も搭載されています。
次のページ 
フィットネスゲームのブーム到来か!?
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事