ライフ

冬は「生姜ラーメン」で温まろう。冷えた身体にスープのうま味が沁みる/羽鳥(日暮里)

 こんにちは。ほぼ毎日ラーメンを食べる会社員、麺すすり子です。  2020年一発目の麺すすり子のラーメン巡礼。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。  暖冬といわれる今冬ですが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。すすり子といえば、例年通り手足が凍りついております、プロの冷え性です。寒くはないのに、なぜかつま先はガチガチ。そんな困った冷え性すすり子にとって、冬のラーメンは、身も心もほぐしてくれる奇跡の食べ物となるのです。その中でも、身体の芯から末端から、確実に温めてくれるすすり子感動の一杯をご紹介させてください。

生姜ラーメン、店主おすすめの食べ方は

羽鳥_生姜ラーメン

しょうがラーメン(¥850-)

 こちらがそのラーメン。東京都・日暮里にある『めん処 羽鳥』の「しょうがラーメン ¥850」です。  こんもり積まれた生姜の千切り!!!ど真ん中で丼にそびえ立ちます。完全に自身が主役ということをわかっている食材の佇まいです。温まる気しかせんな????  店主オススメの食べ方は、まず生姜を混ぜずにラーメン本来の味を味わうこと。  ん~~あっさりスープが身体に沁み入ります。鶏と魚介のダブルのうまみ。澄んだ王道の醤油スープです。このスープ、下処理に大変手間をかけているとのこと。毎日、具材の状態を確認し、味見しながら調整しているんだそう。丁寧な作業ゆえのほっとする味。この温かみとお口の快感だけで、冷えた心は+0.5℃します。

生姜と麺が程よく絡んで……芯まで温まる幸せ

羽鳥_麺

中細麺と生姜の食感が絡み合う

 ラーメンのポテンシャルのお味に大満足したあと、ようやく生姜の山に手をつけるのです。少し溶かしていただきます。シャキシャキした生姜を噛みしめます。このシャキと、中太麺のもちっとした食感との相性が天才の思いつくそれ。創業時、数十種類の麺で試作をし、選んだというこの麺。マジでこれ以外考えられない。すすり子がこの麺以外イヤっ!ってワガママ言いたくなるくらい。  そして、生姜とあっさり沁みスープとの相性も神の生んだそれ。生姜の辛みがちょうどよく効いてくるの、さわやかすぎる、ちょっとずるい。  つま先が発熱しています。さっきまでガチガチに冷たかったはずのあのつま先が。この感動を冷え性以外の方にも伝えたい。凍った身体が解凍されていく感覚…。ほぐされちゃってもうダメ…。人間は変温動物に違いないってこのとき確信するのです。  とろっとろの煮卵とチャーシューが、このラーメンの大正解です。ともにとろける。とろける幸せ。

寒い冬に沁みる、麺処・羽鳥の一杯

羽鳥_外見

めん処・羽鳥さんの生姜ラーメンで、身体の芯から温まる

 ラーメンの物理的温かさはもとより、トッピングの生姜で科学的にも身体を温めてくれるラーメン。冷え性さんにはもちろん大のオススメラーメンなのですが、そうでない人も、冬に冷えた身体がじんわりほぐれていく感覚を体験してほしいぃ…。店内空間が、店員さんが、このラーメンが、大変ありがたい冬のお恵みに感じられるのです。  今日もラーメンがあったかい。ごちそうさまです。 <TEXT/麺すすり子>ほぼ毎日ラーメンを食べる会社員。豚骨ベースの鹿児島ラーメンで育ち、18歳で上京してラーメンの幅広さと奥深さに取り憑かれる
●めん処羽鳥
東京都荒川区西日暮里2-28-8

【月~土】11:00~15:00/17:30~22:00
【日・祝】11:00~15:30/17:30~20:00
※木曜定休
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事