ライフ

「デブなのに、周りを幸せにする男性」に実は共通している“食べ方の特徴”

 こんにちは、日本のデブ諸氏の笑顔製造マシンとして日夜活動している「心もカラダもビッグサイズな男たち」のためのファッション&ライフスタイル情報を配信するウェブマガジン「Mr.Babe」編集長の倉科典仁です。

「デブ=大食い」は真実ではない

美食 巷の皆さんが思う「デブ」というワードには「大食い」のようなイメージを持たれる方が多いと思います。もちろん、まんざら間違えではないですが、実は一概には言えないと私は考えています。  実際、私をはじめ、私の運営するサロンの会員さんもそんなに大食いな方が多いわけではなく、むしろ美食家のような方のほうが中心かもしれません。  また、テレビ番組等でやっている大食い企画に出ている方たちもデブではない方のほうが多いのではないでしょうか。

意識高めのデブはどう食を向き合っているのか?

美食 私は日頃「デブ」という体型についてさまざまな角度から検証、取材しておりますが、太っているからといって食い意地が張っていたり、たくさん食べると言うのはあまりにも外見だけのイメージでしかないというのが結論です。  もちろんご飯をいっぱい食べる人は体格が大きくなるケースは少なくないとは思いますが、逆に痩せている方もいわゆる「痩せの大食い」もたくさんいらっしゃいます。  そもそも太る原因は「たくさん食べる」ということだけではなく、体質などにも原因があるはずです。「でも、デブはデブだろう?」と思う方。もちろんその通りなのですが、ここでは体質により太っている方は別として「食べること」に関しての意識高めのデブ的美学をお話します。
次のページ
食べ物を粗末するような食べ方は絶対にNG
1
2
3
テキスト アフェリエイト
新Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠
余白
Pianoアノニマスアンケート