雑学

一人でも一人ではない感覚…噂の事故物件に行ってみた

 先日、某賃貸情報サイトに掲載された「一人でも一人ではない感覚にさせてくれる人気の事故物件♪」などと、やたらと「♪」マークが踊る、ノリノリというよりもはや悪乗り気味のコピーが踊る物件情報が話題になった。

「一人でも一人ではない感覚」……そう、それはいわゆる「事故物件(瑕疵あり物件)」の物件案内広告だったのだ。

 ネットでも瞬く間に話題になり、「女性の霊が映っている!」なんて噂も出たが、漫画キャラの無断使用などもあったせいか、ほどなくして賃貸情報サイトからは削除された。

不動産,賃貸,業界裏事情 あの物件は一体どんな物件だったのか。騒動の発端となった業者を直撃したものの、返答は得られず、我々取材班は、「場所は浦安」という残された情報を手がかりに地元の不動産業者を周り、同一物件を発見、早速内見に向かうことに。

 地元不動産業者によると、前入居者が昨夏に室内で老衰により孤独氏したため事故物件になったという。

「詳細はわかりませんが、床一面がフローリングに張り替えられているので……、察して下さい」(地元不動産業者)

 その言葉に一瞬身構えるも、部屋を見たら不安は払拭。大きな窓から光が入り、部屋全体が明るい。小奇麗で、30年という築年数も感じさせない。駅からはやや遠いものの、1年間は家賃半額とはお得だ。

 ただ一点気になったのは、部屋中に消臭剤が6~7個と大量に置かれていたこと。もちろん特におかしな臭いはなかったが……。

「物件紹介の仕方は不動産屋によって自由ですが、面白おかしく宣伝した業者は少しやり過ぎですね。かわいそうなのは家主さんからのクレームに対応する管理会社。最悪の場合、激怒した家主が一方的に管理会社を変えてしまうケースもあるんですから」(同)

 騒動にはなったが、床も張替え済みで「訳あり」を感じさせない。「事故物件」ということを気にしない人は一見の価値あり、かもしれない。

 週刊SPA!8月6日発売号「[マル秘事故物件]激得ガイド」では、この他にも病死、自殺などで「瑕疵あり」になった事故物件を実際に内見。また、事故物件と知りながら借りた住民にはその住み心地を徹底リサーチしている。同時に、不動産業者から見た事故物件の扱いや注意点、探し方まで徹底レクチャー。

 もちろん、夏ならではの怪異コラムもあって盛りだくさんの内容で報じている。「我こそは合理主義者」を自負する人はぜひ御覧ください。 <取材・文/週刊SPA!編集部>

週刊SPA!8/13・20合併号(8/6発売)

表紙の人/篠崎愛

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!




おすすめ記事