雑学

『酒とつまみ』元編集長が行く“星なしの名店”

「3.50点以上(上位3.63%)は高い確率で満足できる」と食べログは主張するが、ならば低評価な店はどうなのか? 食べログでは評価されなくとも実はうまい店をリサーチする

◆アホほど飲むな!筆者・大竹聡氏が行く

寺蔵

大竹聡氏

「食べログ」には関心がないので、よくわからんのです。人に会うとき、知らない店を指定されたら、その地図を確認するくらいで、サイトの中身、とりわけお客さんによる評価については、ほぼ見ない。

 なぜかというと、私自身、ずいぶんと飲み屋を歩いてきたが、私がいいと思う店やサービス、酒肴や酒の品揃えなどを、他人もまた良いと思うわけではないからだ。

 人によって好みは違うし、好みは年齢や生活の仕方によって変わることもある。多くの人が高く評価するサービスを私が好まないこともあるし、その逆もある。つまり、他人の評価はアテにできない。あくまでも個人的な見解ですが。

 星が少ない、あるいは星がついていない店にも、いい店はある。高田馬場の「寺蔵」は後者だが、名店と呼びたくなるいい店だ。

寺蔵

寺澤幹人さん

 調理人として腕を磨いてきた店主が3年半前に開いた店は、酒好きをうならせる酒肴の数々を揃える。北海道の白子ポン酢、ホヤの塩辛、赤穂の生牡蠣、四国のじゃこ天、新潟栃尾の油揚げ、そして自家製のぬか漬け。どうですか、酒好きなら、たまらんでしょう?

 しっかり食べるお客さんも多いとのこと。鶏むね肉の柚子こしょう焼きとか、和風ガーリックソースで頂く牛ヒレステーキ、さらにはパスタや鶏肉と煎り玉子の塩焼きそばまで用意する。極め付きは土鍋炊きのご飯。うまい酒肴は飯にも合う。しかも炊きたての飯となればねえ。どうです? 飲んだ後の締めには最適でしょう?

 実にどうも魅力的な店なわけですが、ここの素晴らしさはなんといっても刺し身と酒だ。この日は〆サバ、マコガレイ、カンパチを頂いたが、3種盛り1200円で利益は出るのかと余計な心配をしたくなるくらいにうまい。

 豚肉と豆腐の唐辛子焼きは、ニンニクのきいた肉豆腐風のオリジナルメニュー。ぴりっと辛く、ほんわか甘く、千切りのキュウリが爽やかな絶品で、最後の飯までとっておいて、一緒にかき込みたい欲求に駆られる。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=594940

寺蔵

「刺身三種盛」(写真左・1200円 この日は〆サバ、マコガレイ、カンパチ)と「豚肉と木綿豆腐の唐辛子焼き」(750円)

 取り揃える酒もよかった。この日の酒から、酔仙(本醸造)、久保田千寿(特別本醸造)あたりの燗でいこうかと一瞬思ったのだが、ここは聞いてみるに限ると判断。オススメしてもらった新潟の「魚沼」(純米辛口)を試す。うまい。文句ない。酒質は柔らかいがキレがよくて飽きない。肉厚に切ったマコガレイにも、〆め加減が抜群のサバにも、むちむちのカンパチにも、見事なくらいに合った。

 店主の人柄云々、コスパが云々と高いところからモノを言う輩に教えたくない、星なしの名店だ。

【寺蔵】
食べログ評価⇒ナシ
住:新宿区下落合1-3-19
電:03-6908-8402
営:17:00~
日曜定休
最寄り駅:高田馬場駅から徒歩4分
大学や専門学校の多い学生街にあるが、お客さんの年齢層は高めでゆっくりと酒と肴が愉しめる。

【大竹聡氏】
『酒とつまみ』の元編集長。アホほど飲んじゃった愛すべき人々の織りなす人間模様を綴ったエッセイ「アホほど飲むな!」を週刊SPA!にて連載中

― [食べログ3.0以下]でもうまい店【5】 ―




おすすめ記事