雑学

中年ぼっちの楽しみ方『一人でも参加可能な趣味サークルを探せ』

独身、離婚、孤独死への不安。漠然とした闇を一切感じさせず、「ぼっちライフ」を謳歌している中年たちがいる。なぜ孤独でも楽しく過ごせるのか? 実際のケースをもとに、中年を迎えたときに、隣に誰もおらずとも寂寥感にとらわれずにすむ方法を模索した。

◆大規模な読書会は知識だけでなく出会いも広げる!

●横山千秋さん(仮名)37歳


読書会(イメージ写真)

イメージ写真です

 離婚後に「荒れた生活を送っていました(苦笑)」と振り返る横山さん。もともと体育会系女子だった彼女が、1年前に友人の誘いで日本最大級の読書会「猫町倶楽部」に参加し、一気に文化系女子に変貌した。

「教養のない自分には敷居が高いと思っていましたが、課題図書が文学、哲学、芸術、恋愛本まであり、徐々に通う頻度が増えました」

 主要都市で月6~10回ほど開かれ、100人以上参加の大規模な会も。ほぼすべてに参加し、時間ごとにグループを替えながら行う意見交換で「自分の知見が広がる感覚に興奮した」と話す。

「二次会の親睦会では、さらに踏み込んだ話をします。出会いの場の側面もあり、意見が合う仲間と一緒に映画を観たり、旅行など友達づくりはもちろん、既に30組近くがココで知り合い結婚しています。次は私も、なんてね!(笑)」

★中年ぼっちの楽しみ方『一人でも参加可能な趣味サークルを探せ』

取材・文/加藤カジカ
― [中年ぼっち]の正しい楽しみ方【5】 ―




おすすめ記事