ライフ

女性が感じる「映画館・ライブ会場」での許せない行為

 女が感じる「男のコレは許せない」という沸点を20~30代の女性300人に調査したところ、映画館・ライブ会場・スタジアムで、ダントツだったNG行為が後ろの席の観客が椅子を蹴る・前の人の頭問題だ。 映画館「映画やライブなど、メインに集中できなくなるのでやめてほしい。椅子を蹴ってくる後ろの人には、一回振り返ってアピールします」(22歳・学生) 「かぶりモノの中でも、特に気になるのが帽子。本人は気づかないようだけど、帽子のせいで前が見えないということがよくある。そもそも室内なら取るのが常識」(32歳・主婦) など、人の楽しみを邪魔する行為は、イラッとされてしまうポイントのよう。  一方、アーティストと一緒に口ずさむ・アーティスト名を連呼については、気にならないという声が多かった。「どちらかというと、直立不動のほうが気になるかも。こんなに盛り上がっているのにノリが悪いなんて、逆に『なんで?』っていう感じで、そっちのほうがイラッとする」(26歳・アルバイト)という意見もあった。  続いて、SNS。どれもものすごくイラッとするという人は少ないものの、イラッと度が高かったのはグロ映像&汚い映像。「家でリラックスしたいときにいきなり嫌なものを見せられたな……という感じ。迷わずブロックします」(29歳・商社)と、軽く気分が悪くなるものだ。  そして、メンヘラかまってな投稿も、少し対応に困るという意見が多い。 「フェイスブックで、『すごく嫌なことがあって、今落ち込んでいます』とだけ投稿する人が謎。みんなが『どうしたの?』『大丈夫?』とコメントしているのに、本人は『ありがとう、でも大丈夫。なんでもないから』と、はたから見ていると無意味なやりとり。声を掛けてほしいのだろうけど、正直反応するのが疲れるからスルーしちゃいます」(25歳・デザイン) 「イラッとまではいかないけど、自撮り写真ばかりアップしている人は、自分が大好きなんだなと思う。芸能人かよ!みたいな(笑)」(37歳・主婦) と、SNSに関しては、わりと流して見ているという人が多い。そこまで気には留めていないようだが、投稿する際には相手がどう感じるかを考える必要がありそうだ。  女性がイラッとする男性の行動の多くは、ナルシシストや自己中。他人への気遣いを忘れない言動を心掛けたい。 ※写真はイメージです(photo by Bob LEENAERS via flickr) ― 女がイラつく[男の振る舞い] ―
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事