第100回

02年1月20日「不登校という選択肢」

・僕は中1の時サイテー教師に出会って以来学校という仕組みを信じなくなった。なんて書いたおかげで『全国不登校新聞』の取材を受けることに。

・『「ひらきこもり」のすすめ』は不登校の若者にも読んでもらいたいと思って書いた本だ。ただし、ひきこもりからなんとか脱しようともがいている方々の役には立たないかもしれないという不安があった。もがき苦しむのではなく、力を抜いてみようというのが僕の考えだから。力を抜いたらふわっと浮かべるかもしれない。あるいは、沈んでしまったとしても、構わない。水中で活動できるアクアラングのようなツールが、今はあるからだ。水面をじたばた泳ぐ技術を身につけることだけでなく、水の底をすいすい歩くという方法を選ぶこともできる。

・そういう意味では、こういうメディアの方々と志は同じだが方法論が違う。だからこそ、論議は面白かった。ちなみに取材にいらした記者さんも、不登校体験者だった。

02年1月21日「論議の前に」

・僕、妊娠して出産しました。

・と、発表したら、新聞やテレビはちゃんと報道してくれるのか。そして、そこから、男性が子供を産むこと(技術的には可能)についての倫理問題などについて論争してくれるのか。

・クローン技術というテーマの特異性を利用してものすごく巧みな宣伝活動が行われている。現状は「言ったもん勝ち」状態なのである。無条件に、大々的に報道してもらえる。批判であれ擁護であれ、それはネタ元の団体のものすごい利益になっている。別に嘘と決めつけるわけではないけど、報道はこれが事実かどうか検証が済んだ後にするべきなのではないか。

・「日本人クローンベビー」の発表の裏には、日本のマスコミがいちばん与し易いという事実があるかもしれない。

02年1月22日「新製品情報」

・新刊、出来上がりました! 今度は『プラトニックチェーン』の単行本バージョンです。コギャルがシブヤでケータイでハッキングして遊んじゃってるシリーズ小説。雑誌(ファミ通)に連載されてたりアニメ化(テレビ東京)されてたりするあれです。けど、単行本化は初。ぜひまとめて読んでみて下さい。1月30日発売。

・さて個人的にはケータイからのちくりメールで、信頼してた人にすごい陰口を言われてたという事実を知りボー然とした日。しかしこういう経験から「ひらきこもり力」が出てきて、筆が進むのである。僕もがんばる。みんなもがんばれ。

2005.03.12 |  第91回~

PROFILE

渡辺浩弐
渡辺浩弐
作家。小説のほかマンガ、アニメ、ゲームの原作を手がける。著作に『アンドロメディア』『プラトニックチェーン』『iKILL(ィキル)』等。ゲーム制作会社GTV代表取締役。早稲田大学講師。