地方の出張族が最後に駆け込む東京駅八重洲口熟女キャバの宴

 サラリーマンが出張に行った際、現地での夜遊びも楽しみの一つである。仕事の反省もそこそこに、頑張った自分へのご褒美だ。帰りの新幹線では仲良くなった嬢との思い出に後ろ髪を引かれつつも、現実に戻っていく。全国各地を飛び回る記者としてもその名残惜しい気持ちはよくわかる。できることなら最後の1分1秒まで無駄にしたくない、でも財布の中身と体力は限界寸前……。

 そんなニーズに応えてか、丸の内や大手町などビジネスの中心地から近く、新幹線の発着駅でもある東京駅の八重洲口付近に出張族向けの安キャバが増えているとの噂を耳にしていた。とはいえ、首都圏在住の僕があえて東京駅付近で遊ぶ機会はこれまでなかったのだ。そこで、今回は実態を調査してみることにした。

新幹線の終電まで遊び尽くしたい!


DMA-PH-04 東京駅八重洲口を出て仲通りをふらりと回ってみると、居酒屋やカラオケに交じって、確かにキャバクラの看板がチラホラ。気になったのが“1セット2900円”と書かれた「美熟女クラブA(エース)」という店だ。安い、安すぎる……。激安店には「モンスターが出てくるのではないか」という不安がつきまとうが、恐る恐る扉を開けてみた。

「いらっしゃいませ~」

 出迎えてくれたのは清楚な雰囲気のお姉さんたちだ。モンスターどころか想像以上の美女揃い。

キャスト

左上から時計回りに、りかさん、あおさん、ひとみさん、ママのかずかさん。キャストは30代が中心で、昼職をしている女性も多い


“激安・熟女”と侮るなかれ!


「突然すみません、取材させていただいても大丈夫ですか?」

「えっと、うちは昼間は普通に働いている女性ばかりなので……」

 昼職の都合上、顔出しできる女のコが限られているらしい。一瞬、断られるかと思ったが、なんとか無事に撮影も快諾してもらい席に着いたのだった。

熟女

「熟女」とはいえ、清楚な雰囲気の美女がズラリ

「新幹線の終電ギリギリまで遊んでいく出張族のサラリーマンが多いですよ」(かずかママ)

 どうやら噂は本当だったようだ。彼らにとって、同店はどんな位置づけになっているのか。

ワイワイするのもよし! 悩み相談するのもよし!


りかさん

りかさんは元芸能人。過去にはドラマやCMにも多数出演

「いろんな東京の店をハシゴして、女のコがどうだったか感想を報告に来る常連さんも中にはいますね(笑)」(りか)

 東京にはさまざまな夜遊びが存在しているが、最後に熟女でシメるのが地方在住の出張族の定番コースとなっているらしい。

基本料金

基本料金が激安なぶん、ボトルを入れたらモテモテ。普段は言えないような悩みを相談できるのも熟女ならでは

 酔いが回るにつれてヒートアップする僕の下ネタをサラリと受け流すあおさん。気づくと傷ついた心まで癒やしてくれている……。

 ひとみさんは「よそでは言えない悩みを吐き出していくお客さんが多い」というが、豊富な人生経験からくる包容力を実感。出張ではなくとも東京駅の八重洲口に通おうと心に決めたタマゴでした!

DMA-PH-06【美熟女クラブA(エース)】
住 東京都中央区八重洲1-7-10 中坪ビル7階
電 03-3274-0220
営 19:00~25:00
休 日
料 1セット45分2900円(焼酎・ウイスキー飲み放題、フード持ち込み無料、出前も可能)、指名料・場内指名料1000円 ※税サ込
http://www.tokyo-jukujo.com/

撮影/長谷英史

マエザワ エロ本出版社出身、元ギャル男雑誌編集者。無類の外国人好き。趣味は「夜の国際交流」
マエザワの他の記事