ウチナーギャルと泡盛とテキーラ。熱い那覇の夜をオッサン2人で堪能

 那覇の夜が熱いのは、今に始まったことではない。だがここ数年、輪をかけて熱くなっているという。残暑厳しい東京を飛び出し、“熱帯夜”が待ち受ける那覇へ飛んだ。

 夜遊びをブッキングしてくれたのは、エロ本時代の大先輩、M先輩。那覇に移住して早10年。夜も昼も遊びと名のつく行為のスペシャリストだ。そんなM先輩に連れていかれたのは牧志の公設市場跡。以前は肉屋や八百屋、乾物屋が並んでいたのだが、今はオープンエアの屋台風の店がズラリ。

「那覇は今、せんべろブームなんだよ。せんべろ、要するに千円でベロベロに酔っ払えるってこと。那覇のせんべろは1000円でドリンク3杯と肴が一品が基本。まぁ、まずはここで腹ごしらえよ」

昔ながらの市場の跡地が飲み屋街になり、せんべろ酒場と化している牧志の公設市場跡

 そう言って2人でオリオンビールと泡盛のロックを飲み干すこと6杯、肴はてびちとチャンプルー。ボッタくられることもなく、会計は1人2000円……。商売は大丈夫か?とこちらが不安になる。

 散々飲み散らかしたが、時計はまだ20時を少し過ぎたばかり。やはり男2人だけでこの街の夜を堪能するのは、ちと物足りない。というわけで、沖縄の旨い酒と食い物を堪能した後は、やはり地元のおねえちゃんたちと遊びたくなるものである。ほろ酔いでM先輩に連行されたのは、地元の人が通う飲み屋が集まる若狭にあるガールズバー21だ。

ウチナーギャルを相手に泡盛とテキーラ

 ドアの前に立つと、店の中から女のコたちのキャッキャッと騒ぐ声が聞こえてくる。M先輩がドアを開けると、ギャル3人組が「はいさい~」と笑顔でお出迎え。

写真右からカレンちゃん、レオちゃん、リリカちゃん。3人とも大のお酒好きのウチナーギャル。ちなみに「あり」とは、「ほら」という意味だとか

 店内はごくごくフツーのガールズバーといった雰囲気だが、そこは沖縄、南国の酒場。シャンパンなどのボトルに紛れて、泡盛の酒瓶が並ぶ。お出迎えしてくれたのは、レオ&リリカの姉妹コンビと、20歳になったばかりのカレンちゃんの3人。口火を切ったのは、年長のリリカお姉ちゃん。

「お客さん、旅行? 仕事?」
「う~ん、まぁ、ここで酒飲むのも仕事かな」
「じゃあ、泡盛の水割りでいいかな? あたしがつくる水割り、オイシイから。キャハハハ」

 一応、こちらも酔ってテンションを上げて行ったのだが、その斜め上をいくハイなテンションでさっそく乾杯。

はっちゃけたウチナーギャルと朝までテキーラで、あり、乾杯!

「この店はさ、ウチナー(沖縄の地元民)のコばっかなの。ものすごく飲むよ、みんな」

 と、いうわけでM先輩と2人で、こっそり「酒豪伝説(※沖縄で人気の二日酔いサプリメント)」を飲んでこの後の闘いに備えることに。その後の展開は写真の通り。いつしか、女のコたちとテキーラ合戦に突入。カレンちゃんがなみなみと注ぐテキーラを、オッサン2人で飲み干す。

泡盛からのテキーラで肝臓は休む暇もなく飲酒が続く。だが、それがいい……

「水割り飲みながら、テキーラ飲んで大丈夫?」
「なんくるないさ~(※大丈夫)! 水割りはオレのエイサーだ! ゲフッ!」
「それを言うならチェイサーさ~」

時に酒を呷り、時に踊る、そして時に歌う……。アッパーな南国の夜を存分に堪能!

 沖縄ギャグなのか、オッサンギャグなのわからないネタをぶっ放しながら、大いに盛り上がるオッサン2人とギャル3人。こうして泡盛とテキーラが舞う那覇の夜は更けていったのであった。

 これで70分2500円。おまけに17時から22時までは牧志の飲み屋のようにせんべろタイムもやっているという。沖縄サイコー! 那覇の夜よフォーエバー!

【ガールズバー21】
住:沖縄県那覇市若狭1-3-17-3F
電:080-9278-5573
営:17~22時(せんべろタイム)、22時~ラスト(ガールズバータイム)
料:70分2500円
休:不定
女性のドリンクは500円。せんべろタイムはドリンク3杯と肴一品で1000円より

取材協力/松永タカリン 撮影/赤松洋太

テポドン エロ系実話誌などで修羅場をくぐったロクデナシがSPA!流の夜遊びに突撃!
テポドンの他の記事

新着記事

バックナンバー