飲んで歌って芸者と踊る!神楽坂の料亭でお座敷遊び!【後編】

←【前編】はコチラ

 それにしても芸者さんたちはゲームに強い! 歌のリズムに合わせて手のひらを開いたり握ったりしていく「金比羅船々」など、一度も勝てずにお銚子が1本消えてしまった。さらに続いた「上づくし」や「虎虎」など、踊ったり体を大きく動かすので、普段は聞き慣れない独特のリズムの小唄と生の三味線が新鮮で、唄って踊って酒を飲んでと、ハイテンションな時間があっという間にすぎていったのである。

 席料、料理に花代と決して安くはないが、お座敷遊びは一度は経験したほうがいいだろう。遊びの幅がぐっと広がった一夜だった。

【俺の夜特選】お座敷遊び

・金比羅船々
「お池に帆かけて~♪」のリズムに合わせ、お椀があればパー、なければグーを出す。単純明快だがスリリング

金比羅船々・上づくし
「浦島太郎は亀の上♪」と唄って踊ってじゃんけん。負けが亀、勝ちが浦島太郎。芸者さんのお尻の感触が……

上づくし・虎虎
屏風越しに「トラトラトラトラ~♪」と唄いながら、最後は体を使ってジェスチャーじゃんけん。負けは罰杯

虎虎【幸本】
東京都新宿区神楽坂4-7
営:18:00~23:00 
休:日・祝 
電:03-3260-1576 
席料は芸者を呼ぶ宴席1人5000円(食事のみの会席は3000円)。料理コース1万円~(芸者衆の席料、料理、酒代、サービス料10%、消費税5%は別途)、お花代(芸者代・1時間)約1万円。土曜日は5人以上から予約を受け付け。予算などは電話で相談を

幸本

罰杯を飲み干すと「お兄様は~お強い♪」と芸者さんから褒められるのが、なんとも嬉しい

取材協力/高木先輩 撮影/畠中和久

テポドン エロ系実話誌などで修羅場をくぐったロクデナシがSPA!流の夜遊びに突撃!
テポドンの他の記事

新着記事

バックナンバー