第三十夜【後編】



【担当記者:苫米地】

美女たちが華麗に舞い、観客は興奮のるつぼに


 ヘルプで来た女のコとさらに盛り上がっていると、突然店内が暗転。大音量で坂本冬美の「アジアの海賊」が流れる。中村あゆみ作詞作曲の演歌ロックだ。大漁旗とともに法被姿のダンサーが登場。威勢良く、かつ一糸乱れぬ踊りが炸裂する。

yoru30_3.jpg
意表を突いたオープニングに驚く俺。さっきまで横にいた朋ちゃんが、ねじりハチマキ&セクシーな法被で舞い踊る姿にさらに興奮。O氏はやおら立ち上がり「彩ちゃ~ん!」と大声援。すると今度は一転、ミニスカマリンルックの女のコが可愛いダンスを披露。朋ちゃんも再登場、照明に映えるナマ脚が美しい。するとセクシーな海賊が現れ、あっという間に朋ちゃんを縄で「囚われの身」に。隣に付いたヘルプのコからは同時にショーの”解説”も聞け、ストーリーを理解しつつ楽しめる。

yoru30_5.jpg
yoru30_4.jpg
 お次は青いドレスの”水の精”。バレエの振り付けで波を表現している。なんと。わずか30分ほどのショーで5~6回の早着替えをするそうだ。

yoru30_6.jpg
 ラストはセクシーなサンバの衣装で真打ち登場。「彩ちゃ~ん!!」O氏のテンションは最高潮。俺も負けじと立ち上がり「朋ちゃ~ん!!」とエールを送る。誕生月ということでメインを張る彩ちゃんを囲み、エンディング。場内は拍手喝采、総立ちだ。

yoru30_7.jpg
 キャバクラを遙かに超えたレベルのショーに感動。こんなに楽しめて1万円ちょっと。エンターテイメントはかくあるべしということを実感した夜だった。


yoru30_8.jpg
CLUB 蘭○(らんまる)
住:東京都新宿区歌舞伎町2-13-6 メトロプラザビル1・1F
電:03-3209-8925
営:19時~ラスト
料:6000円~(60分/税サ別・以下同)、指名料3000円
http://www.nightstyle.jp/ranmaru/


協力/O氏(夜遊びガイド)
撮影/桜井健司

苫米地 某実話誌で裏風俗潜入記者として足掛け5年。新天地でヌキを封印。好きなタイプは人妻
苫米地の他の記事