トランプが政治プロパガンダに取り入れた「プロレス的手法」

 “不動産王”ドナルド・トランプがアメリカの大統領選挙の共和党指名候補争いで首位を独走している。トランプが掲げる選挙スローガンは「アメリカを再び偉大な国に!Make America Great Again!」で、その放送倫理すれすれ――じっさいには明らかな差別発言――の暴言スピーチが困った人気を集めている。

ドナルド・トランプ公式サイトより

ドナルド・トランプ公式サイトより

 日本でもにわかに知名度が高まりつつあるトランプは、じつはプロレスファン、とくにアメリカン・プロレスのファンにとってはWWEの登場人物としてかなりまえからその存在を知られているビリオネアー=億万長者である。

 トランプとWWE、というよりもトランプとビンス・マクマホンWWEオーナーのディープな関係のプロローグは、いまから28年まえの1988年までさかのぼる。

 WWEはプロレスの祭典“レッスルマニア”の第4回大会(1988年3月27日=ニュージャージー州アトランティックシティー)、第5回大会(1989年4月2日=同)をトランプがオーナーのトランプ・プラザで開催した。メインイベントは2年連続でハルク・ホーガン対“マッチョマン”ランディ・サベージの黄金カードで、この時代のトランプのニックネームは“不動産王”ではなくて“カジノ王”だった。

 トランプとビンスのセレブな友情ストーリーはその後もつづき、それから18年後の“レッスルマニア23”(2007年4月1日=ミシガン州デトロイト、フォード・フィールド)では“バトル・オブ・ザ・ビリオネアー(億万長者の対決)”と題し、トランプがボビー・ラッシュリー、ビンスがウマガをそれぞれ“指名選手”として代理に立て“敗者髪切りマッチ”で対戦。

 トランプの“指名選手”ラッシュリーがビンスの“指名選手”ウマガを破り、敗者となったビンスが8万人の大観衆のまえで丸坊主にされ、これがアメリカじゅうのマスメディアにニュースして報道された。

 さらにWWEのプロレス殿堂“ホール・オブ・フェーム”の2013年度授賞セレモニー(2013年4月6日=ニューヨーク、マディソン・スクウェア・ガーデン)では、トランプがセレブリティー部門でプロレス殿堂入りを果たした。

 この“ホール・オブ・フェーム”授賞セレモニーでインダクターをつとめたビンスは、お祝いのスピーチで「ミスター・トランプはわたしの友人。彼はプロレスファンであり、ここマディソン・スクウェア・ガーデンにも何度も試合を観戦に訪れている。わたしと彼にはいくつかの共通点がある。ふたりとも父親のあとを継ぎ、革命的なビジネスマンとして会社を大きくした。ふたりとも巨大な自我=エゴの持ち主であり、ハンサムで、自分の“髪”をなによりも大切にしている。わたしはイヤなことはすぐ忘れます。遺恨は残しません。彼とはいまでも友だちです。彼はアメリカ合衆国大統領にだってなれる人物です」とトランプについて語った。

 ビンスがトランプを“大統領にだってなれる人物”と評したのは、もちろんビンスからトランプへのパーソナル・レベルでの最大限のリスペクトを意味するものだったが、トランプはそれから2年後、ほんとうに大統領選に出馬してしまった(2015年6月16日)。

 ビンスが語った“ふたりの共通点”というのは事実で、1945年生まれのビンスは父ビンス・ジェームス・マクマホンの、1946年生まれのトランプは父フレッド・トランプのあとを継ぎ、その事業を巨大化させたアメリカン・ドリームの体現者。ふたりとも根っからのニューヨーカーで、ビンスはアメリカのみならず世界のプロレス界の“王様”となり、トランプはアメリカ屈指の“不動産王”“起業王”となった。

次ページもうひとつの大きな共通点

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中