トランプが政治プロパガンダに取り入れた「プロレス的手法」

 “不動産王”ドナルド・トランプがアメリカの大統領選挙の共和党指名候補争いで首位を独走している。トランプが掲げる選挙スローガンは「アメリカを再び偉大な国に!Make America Great Again!」で、その放送倫理すれすれ――じっさいには明らかな差別発言――の暴言スピーチが困った人気を集めている。

ドナルド・トランプ公式サイトより

ドナルド・トランプ公式サイトより

 日本でもにわかに知名度が高まりつつあるトランプは、じつはプロレスファン、とくにアメリカン・プロレスのファンにとってはWWEの登場人物としてかなりまえからその存在を知られているビリオネアー=億万長者である。

 トランプとWWE、というよりもトランプとビンス・マクマホンWWEオーナーのディープな関係のプロローグは、いまから28年まえの1988年までさかのぼる。

 WWEはプロレスの祭典“レッスルマニア”の第4回大会(1988年3月27日=ニュージャージー州アトランティックシティー)、第5回大会(1989年4月2日=同)をトランプがオーナーのトランプ・プラザで開催した。メインイベントは2年連続でハルク・ホーガン対“マッチョマン”ランディ・サベージの黄金カードで、この時代のトランプのニックネームは“不動産王”ではなくて“カジノ王”だった。

 トランプとビンスのセレブな友情ストーリーはその後もつづき、それから18年後の“レッスルマニア23”(2007年4月1日=ミシガン州デトロイト、フォード・フィールド)では“バトル・オブ・ザ・ビリオネアー(億万長者の対決)”と題し、トランプがボビー・ラッシュリー、ビンスがウマガをそれぞれ“指名選手”として代理に立て“敗者髪切りマッチ”で対戦。

 トランプの“指名選手”ラッシュリーがビンスの“指名選手”ウマガを破り、敗者となったビンスが8万人の大観衆のまえで丸坊主にされ、これがアメリカじゅうのマスメディアにニュースして報道された。

 さらにWWEのプロレス殿堂“ホール・オブ・フェーム”の2013年度授賞セレモニー(2013年4月6日=ニューヨーク、マディソン・スクウェア・ガーデン)では、トランプがセレブリティー部門でプロレス殿堂入りを果たした。

 この“ホール・オブ・フェーム”授賞セレモニーでインダクターをつとめたビンスは、お祝いのスピーチで「ミスター・トランプはわたしの友人。彼はプロレスファンであり、ここマディソン・スクウェア・ガーデンにも何度も試合を観戦に訪れている。わたしと彼にはいくつかの共通点がある。ふたりとも父親のあとを継ぎ、革命的なビジネスマンとして会社を大きくした。ふたりとも巨大な自我=エゴの持ち主であり、ハンサムで、自分の“髪”をなによりも大切にしている。わたしはイヤなことはすぐ忘れます。遺恨は残しません。彼とはいまでも友だちです。彼はアメリカ合衆国大統領にだってなれる人物です」とトランプについて語った。

 ビンスがトランプを“大統領にだってなれる人物”と評したのは、もちろんビンスからトランプへのパーソナル・レベルでの最大限のリスペクトを意味するものだったが、トランプはそれから2年後、ほんとうに大統領選に出馬してしまった(2015年6月16日)。

 ビンスが語った“ふたりの共通点”というのは事実で、1945年生まれのビンスは父ビンス・ジェームス・マクマホンの、1946年生まれのトランプは父フレッド・トランプのあとを継ぎ、その事業を巨大化させたアメリカン・ドリームの体現者。ふたりとも根っからのニューヨーカーで、ビンスはアメリカのみならず世界のプロレス界の“王様”となり、トランプはアメリカ屈指の“不動産王”“起業王”となった。

次ページもうひとつの大きな共通点

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?
sponsored
 男性のなかでも、とりわけ髪が長くない人にはあまりなじみがないだろうコンディショナー。彼女の家にあったり、奥さんや妹などの家族が使っているから知っては…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中