キャバ嬢が嫌いな客は「鈍感な若者とデリケートすぎるオッサン」

 業種によって迷惑客の基準はさまざまだが、その理由は年代によっても変わってくる。果たして若者、オッサン、年寄りのうち、嫌われるのはどの年代なのか? 店員たちの本音に迫った。

キャバクラ


キャバクラ「基本的に年寄りは人生経験が豊富だから話も面白いし、『大変なご経験をされているんですね』みたいなことを言っておけば適当にあしらえる。一番イヤなのは若いお客さんとオッサンですね」と話すのは、錦糸町のキャバクラで働くキャバ嬢だ。

 では、若者とオッサン、それぞれ何がイヤなのか。

「こっちは仕事でやってるのに、若いヤツは持ち上げると本気で勘違いするから面倒くさい。同伴してくれたり、高い酒を入れてくれるわけでもないのに、『オレのこと好きだろ?』って言い出す勘違い野郎がかなりいるんです。遠回しにないってアピールしてんだから、空気読めよ!」

 とはいえ、彼らは年が近いこともあり、NOを突きつけるのはさほど難しくないはず。

「そこがオッサンの厄介なところ。客としては一番多いから、もちろんいい人もいるけど、最悪な客はほぼこの世代。必要以上に偉そうで、こっちのプライベートに踏み込んでこようとする。あとLINEをちょっと既読スルーしたら大騒ぎするし、先約があって同伴やアフターを断ると怒鳴るヤツもこの世代。エスカレートして、ストーカーになるヤツも多い」

 鈍感な若者、デリケートすぎるオッサンという、やや意外な結果となった。

※主に若者(29歳以下)、オッサン(30~59歳)、年寄り(60歳以上)で分けていますが、あくまでも各業種店員による迷惑客の「外見から推測される年齢」に基づいた声になっています。
― 店員が選ぶ年代別嫌いな客 ―

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?
sponsored
 男性のなかでも、とりわけ髪が長くない人にはあまりなじみがないだろうコンディショナー。彼女の家にあったり、奥さんや妹などの家族が使っているから知っては…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中