ハイブリッドカーは日本以外では流行っていない

ハイブリッドカーって、日本以外では流行ってないって知ってましたか? 道路を走っていると、いつの間にかハイブリッドカーたちに前後左右、囲まれていることに気づく――。それぐらい、この国はハイブリッドカー天国なわけですが、それって発祥の地である、我が国だけだって知ってました?というわけで、欧州の最新ガソリン直噴ターボ車とリゾート対決しながら、その理由を探ってみました

MJブロンディ=文 Text by Shimizu Souichi
茂呂幸正=写真 Photographs by Moro Yukimasa

ハイブリッドカーは無敵じゃない 日本から滅多に出ることもなく、この島国で囁くような人生を送っているSPA!読者のみなさんは、「ハイブリッドカーこそ無敵のエコカー、それに勝てるのは電気自動車くらい」と、テレビが垂れ流している断片情報を固く信じてらっしゃることと思います。

 確かにここ日本ではその通りです。しかし海の向こうではそうでもない。なにしろ海外では、日本みたいなハイブリッドカーブームが起きる気配がない! 「ディカプリオはプリウス乗ってんだろ?」と仰るでしょうが、アメリカでもハイブリッドカーの販売は横ばい状態。ヨーロッパではずっと鳴かず飛ばず、中国でもまったく売れてない。

ハイブリッドカーは、日本の新たなガラパゴス商品化しつつあるのです!

 その理由を探るため、今回は日欧最終燃費決戦を敢行しました。日本製ハイブリッドカー対欧州製ガソリン直噴ターボです。

 ハイブリッド陣営は、トヨタの誇るレクサスHS250h。2.4リッターガソリンエンジンに電気モーターを組み合わせた、プリウスのいっこ上のハイブリッドカーで、お値段は395万円からです。

 対する欧州製ガソリン直噴ターボは、新登場のプジョー508。パワーユニットはBMWと共同開発した1.6リッター直噴ターボで、価格は374万円からと、意外なことに安さでは若干プジョーが勝ってます。

 ただ、燃費に関しては、誰もがトヨタの圧勝を予想するでしょう。だってトヨタ対プジョーだもん! そんなの勝負になるわけないというのが、島国で静かに暮らす一般大衆の当然の思いです。

というわけで、次回は燃費対決の結果をリポートいたします。

⇒「ハイブリットカーの燃費性は環境に左右される」に続く
http://nikkan-spa.jp/38927


【レクサスHS250h】
写真はこちら⇒http://nikkan-spa.jp/38926/other_auto-club_110726_03


【プジョー508】
407と607の後継になる508は、プジョーの新たなフラッグシップモデル。セダンとステーションワゴンでは、リアのデザインがだいぶ異なります。セダン、ワゴンともにベーシックモデルのAllureと上位グレードのGriffeをラインナップ
写真はこちら⇒http://nikkan-spa.jp/38926/other_auto-club_110726_04


新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

合コンで「痛い男」認定される言動――初対面で年齢や容姿をいじる、勝手な判断やアドバイスをしがち…

合コンで「痛い」認定される男の発言には特徴がある
 飲み会や合コンでは、日夜「痛い発言」が飛び交っている。どんな発言が痛いと思われてしまうのか。ツイッターで男性の勘違いや女心の機微をつぶやいて多くのR…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(32)
メンズファッションバイヤーMB
「冬のセール」で“格安良品な服”を手にいれる3つの方法
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
“デリヘル先生”だけじゃない、最近の風俗トラブル&摘発に異変あり!?
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ストーンコールド“ロイヤルランブル”初優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第240回(1997年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
3000円のハンバーガー――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
カップル成立数は100組超!「巨大シェアハウスなら女性と出会わないほうが難しい」
爪切男のタクシー×ハンター
風俗店で一回の射精と一回の恋をして気づく「人を好きになるのに理由なんていらない」
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中