オーガニックにハマり、暴走する女たち

体にいいものを食べたいと、オーガニックな自然食材などを愛好する女性は少なくない。それはいいのだが、度を越した「信仰」で周囲を振り回す人もいる。振り回された“被害者”に話を聞いた

◆オーガニックにハマり、暴走する女たちの実態

オーガニック,女の生態

オーガニック女に多いのが「化学肥料は悪」という一方的な先入観。レタス一枚でも「有機栽培じゃないと食べたくない」とこだわる女性も多い

 “オーガニック”は世の女性たちの間で常に一定の人気があるキーワードだ。主に化学肥料を使用せず、有機栽培されたものを指すのだが、食品以外にも化粧品や衣類など多くの生活用品にまでオーガニックの波は及んでいる。しかし、「のめり込みすぎて周囲を振り回す」と被害を訴える声も多い。なかには“宣教師”のごとくオーガニックの素晴らしさを説いて回るオーガニック女も存在するという。

「妻とファミレスや高速のサービスエリアで食事をすると、『なんで有機野菜じゃないの!?』と、店員を呼びつけて愚痴りだすんです。出てくる料理すべて『この野菜の生産地は?』といちいち聞いて、答えられないと『誰が作ったのかわからない食材なんて怖くて食べたくない』と一気に不機嫌になるんです。周りからも冷たい目で見られるし、もう外食するだけでもヒヤヒヤです」(32歳・自営業)

 理不尽なオーガニック女の八つ当たりは食事だけでは済まない。

「近所のママ友の影響で、突然『生理ナプキンもオーガニックコットン(有機栽培の綿花)の布ナプキンしか使いたくない』と言い出した妻。化学繊維は体に悪いと教え込まれたらしく、何を言っても『一番デリケートな部分に化学繊維なんて!』と繰り返すばかり。旅先で予備がないと血眼で探し回る。振り回されるこっちの身にもなってほしい」(35歳・事務)

◆まるで迷惑宣教師?持論ゴリ押し女も

 周囲を振り回すだけでなく、“オーガニック教”に引き込もうと熱心な“勧誘”をしてくる例も少なくない。

「友人と自宅でお茶会をしたとき、勝手に冷蔵庫をチェックされ『家族の健康をもっと考えてあげなきゃ!』とダメ出しされた。そして有機栽培のための家庭菜園をその場で予約、強制的に農業させられるハメに。自分だけが満足していればいいのに巻き込みたがる人が多いんですよ!」(29歳・主婦)

 勧誘している本人には悪気は皆無で、むしろ「いいことをしている」と思っているらしい。ほかにも、「パート仲間のおばさんが熱心なオーガニック信者で、昼休みに市販のパンやお惣菜を食べていると『そんなものは毒!』とゴミ箱に捨てられて、代わりに豆が練り込まれたマズい手作りパンを押し付けてくる。既製品は一切信じておらず、化学物質は寿命を縮めると信じ込んでいる」(32歳・主婦)。

 極め付きは、出産まで“自然”にこだわるオーガニック女も。

「すべてをオーガニックで揃えたがる妻が出産の際、『自宅で助産師さんに取り上げてもらうオーガニック(?)じゃないと嫌だ』と言い出した。理解不能なので説得するのも諦めました」(31歳・飲食)

 医学的な危険性を説いても聞く耳持たず。オーガニック女の勢いはもう誰にも止められない……!

【オーガニック女30人に聞いた】

Q:休日の過ごし方は?
1位:ヨガ
2位:自然派カフェ巡り
3位:パン作り

Q:よく行く街は?
1位:表参道
2位:中目黒
3位:青山

Q:好きなスポットは?
1位:無印良品
2位:マルシェ
3位:美術館

 オーガニック狂が集まる街の1位に輝いたのは表参道。オーガニック女のライトな層にはオシャレ演出をしたい欲求がある。そのニーズも満たす街なのだろう。休日はヨガや手作りのほかに、「牧場や山で自然の空気を吸う」(24歳・事務)という人も。無印良品や、有機野菜を販売するマルシェも人気。買い物後は「静かな美術館でアートに触れて自分の内面を刺激します」(30歳・公務員)だそうだ。

取材・文/青山由佳 朝井麻由美
― 被害続出![オーガニック女]が怖い【1】 ―

「情報を消さずにスマホ売却」「バックアップし忘れ」「社内情報を誤送信」etc. スマホのビジネストラブルが拡大中!

「情報を消さずにスマホ売却」「バックアップし忘れ」「社内情報を誤送信」etc. スマホのビジネストラブルが拡大中!
sponsored
 今年7月に発表された総務省の「平成27年通信利用動向調査」によると、スマートフォン(スマホ)を保有している個人の割合(普及率)が、はじめて50%を超…

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(32)
メンズファッションバイヤーMB
「冬のセール」で“格安良品な服”を手にいれる3つの方法
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
“デリヘル先生”だけじゃない、最近の風俗トラブル&摘発に異変あり!?
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ストーンコールド“ロイヤルランブル”初優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第240回(1997年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
3000円のハンバーガー――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
カップル成立数は100組超!「巨大シェアハウスなら女性と出会わないほうが難しい」
爪切男のタクシー×ハンター
風俗店で一回の射精と一回の恋をして気づく「人を好きになるのに理由なんていらない」
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中