ロシアの戦車工場が作った“路面電車”が斬新すぎる

新型トラム「RUSSIA ONE」 ロシアの都市・エカテリンブルグのエキシビジョンでこのほど発表された新型トラム「RUSSIA ONE」が話題を呼んでいる。その近未来なデザインはとてもトラム(路面電車)には見えないからだ。この新型車両はほぼロシア製の部品で作られ、車両内のLED照明やスピーカーシステムは時間帯によって変化し、乗客に心地よい空間を提供できる最新のシステムを搭載しているという。

 製造元は、ロシアの巨大車両メーカー「ウラルワゴン工場(UralVagonZavod)」。軍事オタクには有名な、ロシアの主力戦車を製造するメーカーでもある。同社は戦車以外でも、産業用・農業用の大型車両や鉄道車両、トラムなども製造する。

 この新型トラムはバッテリーだけで50kmの走行が可能だという。製造元は、通勤列車としての使用も視野に入れているとのこと。値段は約100万ユーロ(約1億4000万円)前後になると伝えられている。このトラムを導入する自治体はリース契約で運行させることも可能。

 この新型トラムは2017年頃からまずはエカテリンブルグ、ついでオムスクに登場する。その後、モスクワ、そして世界での展開も視野に入れているという。4年後のワールドカップまでに向け、整備を進める予定だ。

★新型トラム「RUSSIA ONE」

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=677300

●斜めに切り込みを入れたような斬新な顔をしている

新型トラム「RUSSIA ONE」

斜めに切り込みを入れたような斬新な顔をしている

●室内のインテリアも、ラグジュアリー感たっぷり

新型トラム「RUSSIA ONE」

室内のインテリアも、ラグジュアリー感たっぷり

●長椅子バージョンの室内もあり

新型トラム「RUSSIA ONE」

こちらは長椅子バージョン

●入口部分も、凝った作りになっている

新型トラム「RUSSIA ONE」

入口部分も、凝った作りになっている

●空調とスピーカーが一体化した天井のシステム

新型トラム「RUSSIA ONE」

空調とスピーカーが一体化した天井のシステム

●トラムというより、船のような外観をしている

新型トラム「RUSSIA ONE」

トラムというより、船のような外観をしている

<文/日刊SPA!取材班 参照元/Dofiga.net

女性からみた「買ってはいけない夏のユニクロ」ワースト3を発表

MEN プリントシャツ(半袖)
 梅雨が明けたらいよいよ本格的な夏がやってくる。今年の夏は例年以上の暑さとも言われているが、だからこそ爽やかに夏服を着こなしたいもの。  数あるファス…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(8)
メンズファッションバイヤーMB
梅雨シーズンの「薄毛対策」3選…茶髪、湯シャン、サプリを実践してみた
山田ゴメス
妊婦でAV出演を決めた、貧困シングルマザーの事情
オヤ充のススメ/木村和久
トレーダー目線で検証!アベノミクスは「失敗」か「失速」か
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
忙しすぎるビンスの3つのアジェンダ――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第120回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「街の匂いもメシの味も何もかも合わない」――46歳のバツイチおじさんはスリランカに来たことを激しく後悔した
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
好きな女性には「きれい」と言え。
大川弘一の「俺から目線」
それでもモヤシはいやねぇ――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
沖縄移住を実現する7つのプラン――世界を6周半した男の大提言
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
日本代表とレジェンドが集結してもガラガラ。東京五輪最強の穴場競技はシンクロで決定!?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中