「大相撲」人気再燃のカギはSNSにあった

 大相撲が“若貴ブーム”以来の盛り上がりを見せている。

日本相撲協会

日本相撲協会の公式ツイッターより

 25日に初場所が千秋楽を迎え、18年ぶりに東京開催場所で15日間大入り。千秋楽は入場券が完売する「札止め」となり、全日程で「満員御礼」を達成した。白鵬が10場所ぶりの全勝優勝をし、長らく破られてこなかった大鵬の最多記録を抜く、33度目の優勝を成し遂げたというニュースを見た人も多いだろう。

 一時は遠のいていた客足が、昨年ごろから着実に回復しているのはなぜか? 人気再燃のカギはどこにあるのか?

 もちろん、遠藤や逸ノ城といった人気力士の登場が理由のひとつに挙げられるが、それだけではない。「twitter、LINEなどSNSの使い方がめちゃくちゃうまい」と評判を呼んでいるのだ。これまでになかった柔軟な発想で、既存ファンだけでなく新しいファンへの間口を広げたのが人気再燃のカギと言える。

 日本相撲協会の担当者は「SNSで情報発信をすることによって、相撲ファンでなくても興味を持ってくれる人がいたり、それがきっかけで本場所まで来てくれた人もいた。人気力士の登場や、それ以外での盛り上がりとの相乗効果で、新規のファンが少しずつ増えている印象がある」と語っている。

 一方で、日常的にSNSを利用している若い世代の相撲ファンは、この現象をどのように感じているのだろうか。それぞれ次のように話す。

「今まで力士は世俗離れした存在だったけど、どこかチャーミングなところがウケていて、相撲に興味がない人もSNSで拡散している。twitterやLINEだけじゃなく、最近はVineでオフ動画まで見ることができるから、若者離れを食い止めるきっかけとしてはバッチリじゃないかな。わたしも親近感が湧くようになったし、堅いイメージだった角界が近く感じられるようになった」(19歳・女性)

「千代丸の昼寝の写真とか、相撲協会のtwitterが発信してるオフショットが頻繁に拡散されている。星取表や番付表だけでなく、取組の動画も観られる大相撲のアプリもめちゃくちゃ優秀で感心する」(21歳・男性)

 SNSでの取り組みに加えて、アプリや交流イベントなど斬新な企画がファンの心さえもくすぐっていることがわかる。また、「白鵬の塩撒きが美しすぎる」、「まるでティンカーベル」、「アナ雪みたいだ」といったコメントがtwitter上で拡散されており、かつての好角家とは違った視点で相撲を楽しむファンも増えているようだ。週刊少年ジャンプで連載中の『火ノ丸相撲』(原作・川田/集英社)という相撲漫画の人気も一因なのだろう。

 最近では、幕下の力士が成長する姿に母性をくすぐられる“相撲ガール”の存在まで囁かれている。まさに人気再燃はこれらの相乗効果なのだろう。日本相撲協会の地道な取り組みが功を奏したと言えそうだ。

●日本相撲協会 公式ツイッター @sumokyokai

<取材・文/北村篤裕>

大相撲力士名鑑<平成27年度>

更に詳しく力士のことを知りたい方はここらで

「仕事の“スイッチ”を入れろ!」WORLD ORDER須藤元気が教える「リアルゴールド ワークス」の活用法【PR】

-shared-img-thumb-SAYA160312140I9A3606_TP_V3
 昨今、コンビニやスーパーに行くと、エネルギードリンクをはじめとして、栄養ドリンク、機能性飲料など、働く男をサポートするさまざまなドリンクを目にする。…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(4)
メンズファッションバイヤーMB
プロが激賞「高級サンダルが2000円台で買える!」
山田ゴメス
「なんちゃって石原さとみ」が増加中!? 7つのメイクと7つの仕草で翻弄される男たち
オヤ充のススメ/木村和久
プロ客から見たキャバクラの世界
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“ホーガン不在”のウォリアー政権――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第100回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「テラスハウスの一員になろう」――46歳のバツイチおじさんはイケメン&美女集団に溶け込もうとした
原田まりる
純潔な弟に風俗で女性経験させようとした姉の話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
中2まで、巨乳はコンプレックスでしかなかった
大川弘一の「俺から目線」
死神bot、LINEで始動――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
熊本地震の災害ボランティア、現状の課題は「参加希望者の再分配」だ
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
“東京五輪”なのに伊豆(静岡県)開催の自転車競技を追っかけてみた件
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中