「うんこ味のカレー」を実際に食べてみた。まさかの専門店で実食ルポ

 カレー味のうんこと、うんこ味のカレー、もし食べるとしたら……? そんな小学生男子の悪ふざけのような質問に、真正面から向き合った世田谷区・千歳船橋のカレー屋「志み津」を知っているだろうか。

 同店をプロデュースしたのは、人気AV男優にして、幼少期からのうんこ好きを公言してはばからない、しみけん氏。8月16日のオープン以来、唯一のメインメニューは、ゴーヤ、くさや、魚の内蔵などを、センブリ茶を調合したカレールーで煮込んだ「特製うんこ味のカレー」だ。

 そんな同店について、自らも厨房に立つというしみけん氏、そして同店の店長を務めるおぱんぽん氏に、オープンの経緯からレシピ開発の苦労まで話を伺った。

しみけん氏

しみけん氏

――まず、このお店をオープンしようと思った理由と経緯を教えてください

しみけん氏:まず、うんこ好きとして、皆さんにうんこの味を知ってもらいたかった。そして、「うんこ味のカレー」と「カレー味のうんこ」という例の問いに、答えを出したかったんです。誰も答えを出さず、ウヤムヤになっていたのがすごい嫌だったので。

 きっかけは、あるイベントで、おぱんぽんがうんこ味のカレーを作るというので、僕が「食べさせてください!」って参加したことです。ただ、そこで食べたのが普通においしいカレーだった(笑)。なので、ちゃんと改良して、今回完成させました。

――そもそも、この味はどうやって作ったのですか?

おぱんぽん氏

おぱんぽん氏

おぱんぽん氏:当然のことながら、本物は入っていません(笑)。もともとはネットにあったレシピで作ったカレーを、しみけんさんに食べてもらい、苦味や渋味を加え、旨味を削るなどして、より本物に近づけました。あとは、食糞経験のあるお客様が来たときは、ヒアリングをして、その都度、改良を加えていますね。

しみけん氏:難しいのが、微妙な水分量だったり、材料の産地やメーカーで、味がけっこう変わってしまうこと。ゴーヤが沖縄産ではなく、鹿児島産とか茨城産だったとか。オープン初日も、初めて大量生産したのと、高級なスーパーで食材を購入したため、予定外においしい味に仕上がってしまった。もちろん、これでは失敗です。

――お客さんからの反響はどうでしょうか?

しみけん氏:感想は「まずい」が9割ですね。なかには数口食べて「うー、参りました!」って叫びながら出て行った人もいます。ただ、17歳の少年に「夢が叶った!」と感謝された時は嬉しかったですね。大人にならないと、そういう機会もなかなかないでしょうから(笑)。あとは口内炎が治った、生理が来た、快便になった、なんて声もありますね。

――オープン初日に保健所から連絡があったこともニュースになりましたね

おぱんぽん氏:正確にはオープン翌日ですね。保健所に「世田谷区にうんこ味のカレーを出しているお店がある」っていうタレコミがあったみたいです。担当者に「まさかうんこ味とは……」と絶句されましたが、「入り口に『うんこ味のカレー』とわかるように貼り紙をする」こと、「エスカレートして、味を嘔吐するレベルにしない」という2点を営業の条件として注意されただけでした。意外にも懐は広かったみたいです。

カレーを提供するしみけん氏

カレーを提供するしみけん氏

 ちなみに取材後、記者も「特製うんこ味のカレー でっけぇの」(1080円)に挑戦した。

⇒【写真】はコチラ nikkan-spa.jp/?attachment_id=937040

うんこ味カレー

これがうんこ味カレー。意外と具だくさんである

 入店時点で、強烈な臭いが漂っていたが、実物はさらに本物そっくりな臭いがする。

 魚の内蔵とゴーヤ、そしてにがりが調合され生み出された、エグみ、苦味、臭味のハーモニー。飲み込もうとしても体が拒否して飲み込めない。ふた口、3口と、なん口食べても、変わらないマズさが襲いかかってくる。

 当然、水で口をゆすぎたくなるが、なんと水の価格は1杯1000円(オーナー曰く、モナコ価格とか)! 水は諦め無料の「センブリ茶」(これも苦いが)の助けを借り、格闘すること10分。なんとか完食。ちなみに、完食には、苦味が濃縮されたカレー汁を飲み干すのが条件だ。

なんとか完食!

なんとか完食!

 「でっけぇの」を完食すると、(本人来店時限定で)しみけん氏とのツーショットチェキが撮影可能だ。残り香を口の中に感じつつ、記者もご褒美のチェキを頂戴した。

撮影したチェキは店内に掲示される

撮影したチェキは店内に掲示される

 同店の営業は年内いっぱいをひとまず予定している、とのこと。おそらく人類史上、初めてとなるこの味を、興味のある人は一度体験してみてはいかがかだろうか?

カレーショップ 志み津
156-0055 東京都世田谷区船橋1-1-17 ジョイパーク千歳船橋B1-A http://www.curryshopshimizu.com/

<取材・文/日刊SPA!取材班>

AV男優しみけん ~光り輝くクズでありたい

トップAV男優が語る、抱腹絶倒の業界裏話と矜持

イェーイ!スマホで楽しむ360度動画の驚異の世界。わっかるかな~、わっかんねえだろうなあ~【PR】

【360BAYSTARS】 5 dianaのハッピースターダンスを体感!   YouTube
 1968年に、アメリカのユタ大学の学者アイバン・サザランドによって提案されたヘッドマウント型が最初とされるVR(仮想現実)の世界。この初めてのVR登…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(4)
メンズファッションバイヤーMB
プロが激賞「高級サンダルが2000円台で買える!」
山田ゴメス
「なんちゃって石原さとみ」が増加中!? 7つのメイクと7つの仕草で翻弄される男たち
オヤ充のススメ/木村和久
プロ客から見たキャバクラの世界
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“ホーガン不在”のウォリアー政権――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第100回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「テラスハウスの一員になろう」――46歳のバツイチおじさんはイケメン&美女集団に溶け込もうとした
原田まりる
純潔な弟に風俗で女性経験させようとした姉の話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
中2まで、巨乳はコンプレックスでしかなかった
大川弘一の「俺から目線」
死神bot、LINEで始動――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
熊本地震の災害ボランティア、現状の課題は「参加希望者の再分配」だ
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
“東京五輪”なのに伊豆(静岡県)開催の自転車競技を追っかけてみた件
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中