安すぎると不安?「SIMフリー格安スマホ」のお買い得ライン

昨年ごろから続々と新モデルが登場し、この秋冬も盛り上がりを見せているSIMフリースマホ。「安すぎる」「外国製」なのが不安でもあるが、果たして……!?

◆価格とスペックのバランスを重視せよ!

格安スマホがよりどりみどり!

※特に記載がない限り、価格は「価格コム」より(11月1日現在。すべて税込み)

 昨今、スマホ市場でがぜん盛り上がっているのが「SIMフリースマホ」。キャリアスマホが一括で10万円近くするのも珍しくないこのご時世に、安いものだと1万円を切るお手頃価格で注目を集めている。あまり知られていない海外メーカーの製品が多いだけに、かつてはオンラインショップでしか入手できないこともあったが、近年では家電量販店でも広く取り扱われるようになり、ハードルはぐっと下がった。

 今年の春以降に発売された主なモデルをまとめたが、予想以上に充実したラインナップである。そこで、簡単な選び方のポイントを、モバイル評論家の法林岳之氏に聞いた。

⇒【資料】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=978346

●ポイント①…お安く”機種変”したい人にはオススメ

「まず大前提として言っておきたいのは、SIMフリースマホというのは“これからスマホデビューしたいガラケーユーザー”が手を出すべきアイテムではないということ。グーグルプレイって何?とか、アップデートって必要なの?とかいうレベルの人は、悪いことは言わないのでキャリアスマホを買いましょう。そのあたりのフォローに関してSIMフリースマホは非常に不親切です。2年くらい使ったスマホから、お安く機種変したい……という人にとっては魅力的な選択肢になり得るでしょう」

●ポイント②…コスパに優れるのは3万円前後のモデル

 SIMフリースマホ=「格安スマホ」と捉えるユーザーも少なくないが、その価格帯は1万~6万円と、思った以上にバラけている。

「1万円台のモデルでも使えないことはありませんし、製品としてはどれもきちんと作ってあります。ですが、これまで8万円以上もするようなハイスペック端末を使ってきたユーザーが使ってもそれほどストレスを感じないレベルを求めるとなれば、2万円を切るモデルは厳しいでしょう。その点、もっとも価格とスペックのバランスが取れているのは3万円前後のモデル。これが5万円を超えるモデルになると、価格的なメリットは激減します。キャリアのハイエンドモデルでも、割引を適用すれば5万円台になりますし、そちらのほうがサポートもスペックも充実していますからね」

 国産モデルにこだわるなら、富士通の『arrows M02』あたりがオススメ。4万円前後とお手頃価格なので、ワンセグやおサイフケータイ付きであることを考えると悪くない選択だ。

●ポイント③…5インチの画面でも許せるなら買い

 実際に、価格の差はどのあたりのスペックに表れるのだろうか?

「もっとも顕著なのはディスプレイの解像度。5万円クラスならフルHD、3万円クラスならHD、1万円クラスならフルワイドVGAといったところでしょうか。そこまで画質は求めない……という人もいるでしょうが、実際に比べてみると、フルワイドVGAはちょっとツラい。アプリのアイコンはぼやけて見えますし、液晶そのものも黄色く濁って見える機種も。ちなみに、1万円クラスのモデルは本体メモリも1GBクラスと非力なので、地図ひとつ出すにも描画に結構な時間がかかります」

ディスプレイの“大きさ”も差が出るところ 解像度同様、ディスプレイの“大きさ”も差が出るところ。昨今、キャリアのハイエンド端末では5.5インチ前後が主流だが、3万円クラスのSIMフリースマホでは5インチ以下のものが大半だ。もっとも“軽くてコンパクトなスマホ”を求めるユーザーにはむしろ喜ばれているようで、このあたりは好みの問題と言えそうだ。

●ポイント④…クアッドコア搭載ならまずは安心

 CPUについては、3万円クラスでもクアッドコアは標準なので、動作にストレスを感じることは少ないはず。なかにはHUAWEIの「P8lite」のように、自社製のCPUを搭載して安価にオクタコアを実現したモデルもある。処理速度もさることながら、CPUのパワーはバッテリーのもちなどにも関わってくるので、これは嬉しいポイントだ。

 気になる“海外メーカー”という点については「名前こそ耳慣れないかもしれませんが、《お買い得ゾーン》に入っている端末のメーカー(ASUS、ZTE、HUAWEI、HTC)はいずれも、スマホ、PC、ルーターなど分野は違えど“日本市場と長く付き合ってきたメーカー”なので、サポートの面も含めて安心して付き合えると考えていいでしょう」とのこと。二の足を踏んでいた人も、ぜひトライしてみてはいかがだろう。

【法林岳之氏】
デジタル関連製品の解説記事を中心に執筆。インプレス「できる」シリーズからスマートフォン関連著書多数

<取材・文/SPA!編集部>

(無料電話サポート付) できる Windows 10 (できるシリーズ)

はじめてパソコンを使う方から、Windows 7や8.1から乗り換えた方まで、マウスとタッチパネル、いずれの操作もこの1冊でマスターできます。

できるポケット iPhone 6s Plus 基本&活用ワザ 100 ドコモ完全対応

iPhoneの基本がしっかりわかる

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?
sponsored
「朝活・夕活」に代表される労働時間の見直しや、仕事と育児の両立といった「ワーク・ライフ・バランス」が注目を集める昨今。人々の働き方も多様化しているが、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中