ホッケはもはや高級魚!? 水揚げ量が大幅減で嘆く人々

バターや野菜の値段が上がったり、原油価格が下がったり。モノの値段は日々変動する。だが、安倍政権はインフレターゲット2%を目指していたはずなのに、デフレに戻るという予測も出ている。そんなご時世にニッチな需要から高騰しているものとは!? 直近5年のデータをもとに検証する。

「ホッケ」かつての大衆魚は激減によって高級魚に変貌


 ニッチな高騰の中にも我々の生活を直撃するものもある。それがホッケだ。国内における水揚げ量は’15年で約80%(※’10年が約8.4万t→’13年が約2.8万t/農林水産省『漁業・養殖業生産統計』より)と大幅減。

 知床のホッケ漁師は「以前は市場で1尾400円程度だったのが今や650円。しかもかつては魚用の長皿からはみ出るほどのサイズだったのが、今や長皿に収まっており、小型化してしまった」と嘆く。

高騰が避けられないホッケ

【ホッケ1尾 約400円⇒約650円】水揚げ量の9割を占める北海道内の市場での平均的販売額。乱獲や温暖化による水温の上昇なども理由に挙げられているが、直接の因果関係は完全には解明されていない

 水揚げ量が少なく身も小ぶりでは高騰も避けられない。チェーン居酒屋の仕入れ担当が続ける。

「以前はホッケを500円以下で提供していたが、今は900円台。お客さまも高騰していることは知っているので、クレームはないですが、『もう少し手が届く価格にしてほしい』という声も寄せられており、心苦しいです」

― 局地的[高騰商品] ―

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(12)
メンズファッションバイヤーMB
「クールビズ」がダサく見えるのはなぜ?
山田ゴメス
妊婦でAV出演を決めた、貧困シングルマザーの事情
オヤ充のススメ/木村和久
人生は決して諦めないこと…映画『トランボ』に学ぶ
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ホーガンがWWEと“絶縁”した日——フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第140回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「俺と二人で旅がしたいの?」——46歳のバツイチおじさんは男前すぎるセリフを真顔で言い放った
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
「なんで飲食業でモデルみたいな恰好してるんだ?」ロスの税関で4時間尋問を受けて感じたこと
大川弘一の「俺から目線」
俺の問題にはなるな——連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「ポケモンGO」を配信前の日本でプレイしてみたよ 秋葉原でポケモンゲットだぜ!
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中