雑学

猿が24時間体制でキャバ嬢を接待!? 多様化するペットカフェで酷使される動物たち

 猫カフェがブームとなる一方、フクロウや爬虫類などそれ以外の生き物を扱うペットカフェも増加している。しかし、そこに潜む根本的な問題点について指摘するのは、ペットカフェなどの問題に詳しい弁護士の細川敦史氏だ。

「犬猫以外の動物カフェについて現状、営業時間を制限する法律がないのです。そもそも、犬猫以外の多様なペットカフェブームを行政が想定していませんでした」

 なんと、犬猫以外の動物は法的にいくら働かせてもセーフなのだ。そのせいか、劣悪な環境でペットを酷使する店が後を絶たないとか。たとえば人懐こいうさぎと触れ合えることで、猫カフェに次ぐ人気を誇るうさぎカフェ。その内情を現役店員が語る。

多様化するペットカフェに潜む闇 うさぎ

※写真はイメージです

「うさぎカフェは抱っこOKのお店が多いのですが、そういう場所のうさちゃんは弱っているっていうか、あまり動かないことが多いですね。うさぎってストレスで体調を崩す生き物なので……。あとウチは本部の命令でお散歩サービスをやってるんですが、犬みたいに首にリードをつけるんです。うさぎは散歩をしないので嫌がって首を無理に動かし、暴れるため、骨折するコもいます」

次のページ 
24時間営業の猿カフェでは…

1
2




おすすめ記事