ライフ

没落が進むセレブタウン…今の富裕層には豪邸が必要ない!?

 そうした物件は、中国人富裕層ですら見向きしないのだという。そんな状況の中、生き残るセレブタウンがあるとすれば大都市の中心部付近だと青山氏は話す。 「中でも麻布十番など、交通の便が良い上に、古くからの地主から裕福なサラリーマンまで多様性のあるエリアは活気が落ちにくい」 「金持ちは三代まで」という格言のとおり、没落が進むセレブタウンは、ちょうど三代目の節目を迎えているのかもしれない。
麻布十番

麻布十番

【青山一広氏】 不動産コンサルタント。大手ハウスメーカー執行役員、建築会社社長を経て、不動産競売サポートを行うDelight・Oneを設立。著書に『競売不動産の基礎知識』(住宅新報社刊) 取材・文・撮影/SPA!セレブタウン研究会 ― 没落する[セレブタウン]の今 ―
1
2
競売不動産の基礎知識

シンプルな図解と用語解説で競売の基礎が無理なくわかる!

Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事