ニュース

チリ産“薬漬け”サーモンは、人体にとってどれほど「危険」なのか

「チリ産養殖サーモン」についてネット上で大論争が巻き起こっている。チリの養殖サーモン“薬漬”の危険な魚で、海洋汚染も招いているという。そこで識者を直撃した!!

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1145379

「チリ産サーモンは危ない」は本当か?

アイセン州のサーモン養殖場。「業者は海を汚しては他に移ることを繰り返す」と佐野雅昭教授(鹿児島大学)

「危険性は極めて低い」が、“ゼロ”とも言い切れない


 チリ産サーモンが“薬漬け”は、どれほど人体にとって「危険」なのか。

安全安心のための養殖管理マニュアル』などの著書のある舞田正志教授(東京海洋大学)はこう話す。

「養殖期間中に抗生物質などを使用した場合は、『休薬期間』を経てから出荷されます。これは『抗生物質の投与をやめて一定の時間を置き、体内の抗生物質がほぼゼロになる』期間のことです」

 休薬期間を経て日本に出荷された輸入水産物は、検疫所で残留薬物などの抜き打ち検査を受ける。

「もし違反している事例が見つかると、『命令検査』ということで『ある国から輸入されるものについては必ず検査をしなさい』というシステムがあります。過去に、チリ産サーモンでこの命令検査になったことはまだ一度もありません。残留基準を超えたサーモンが紛れ込んでいる可能性は極めて低いと思いますが、検査のカバー率は数%程度なので“ゼロ”だとも言い切れません」(舞田教授)

チロエ島のサーモン養殖場

チロエ島のサーモン養殖場

次のページ 
それでも心配な人は…

1
2
3
GAP手法でリスク回避! 安全安心のための養殖管理マニュアル

養殖準備から出荷管理まで分かりやすく解説




おすすめ記事