雑学

明暗分かれた!? あの行列店の現在――ハンバーガー、ラーメン、激安雑貨、グルメポップコーン…

 「東京初進出」、「メディアで話題」など、なんらかの注目を集めて客が並ぶ行列店。長年それを続けている店もあれば、線香花火のように一瞬でブームも終了……なんていう店もある。

 一般的に、メディアは行列ができ始めた初期にフォーカスを当てるもの。

 そこで今回はテレビや雑誌で幾度となく取り上げられてきた都内の有名行列店を、人が溢れているはずの祝日に訪問。かつては「○時間待ち」とも言われた人気はいまだ健在なのか。2016年10月現在、この目で確かめてきた。

グルメ系バーガー人気は継続中


●『シェイク・シャック』外苑いちょう並木店

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1217694

 近年至る所でオープンしているグルメ系バーガーの店。

 なかでも、一際鳴り物入りで上陸したのが、ニューヨーク発のハンバーガーレストラン『Shake Shack(シェイク・シャック)』。ホルモン剤を一切使用していない100%アンガスビーフの使用をウリにしており、昨年11月に1号店が外苑いちょう並木にオープンした際には、3時間の待ち時間が発生。数ヶ月前でさえ、平日にも関わらず40人前後の行列で、1時間近い待ち時間となった。

 オープンから約1年。今では恵比寿店、有楽町店と順調に店舗を増やし、こちらの1号店の行列もさぞかし緩和されたであろうと思い、小雨の降る休日に訪れた。

 さらに今回は少しピーク時を外し、13時に到着したのだが……。

ハンバーガー、ラーメン、激安雑貨――明暗分かれた行列店の現在 なんと、30人前後が列を成している。肝心のハンバーガーは小ぶりで食べやすく肉はジューシー。安いメニューでも600円ほどするが、満足度は十分。それもあってか、1年近く経った今でも熱狂的リピーターを生んでいるようだ。ちなみに、アメリカ人や中国人など、多国籍な行列に加わった末、ハンバーガーにありつけたのは、それから40分後のことだった。

【休日行列時間:45分】

次のページ 
『六厘舎』東京駅は?

1
2
3
4




おすすめ記事