エンタメ

JUJU「親に連れられていったスナックで歌手になりたいと思った」――スナック愛を語り尽くす

 今、スナック・ブームが再び来ている――。シンガー・JUJUは、そう自信たっぷりに語る。彼女の新作『スナックJUJU~夜のRequest~』は、その名の通り全国のスナックのママからのリクエストで選ばれた昭和歌謡の名曲の数々を艶やかに歌い上げるカヴァーアルバム。さらに10月10日(ジュジュの日)に行った恒例ライヴ「ジュジュ苑」では、会場である代々木第一体育館を一夜限りの「世界最大のスナック」に見立てて演出するなど、スナックをテーマにさまざまな動きを展開している。そんなJUJUが、こよなく愛するスナックと昭和歌謡の魅力をノンストップで語りつくす。

JUJU――今回のアルバムの企画はどういうところから始まったんですか?

JUJU:実は、念願だったんです。小学校のときに親に連れられて行ったスナックが「歌手になりたい」と思ったきっかけだったので。それに昭和歌謡もすごく好きで(邦楽カヴァーアルバムの)『Request』シリーズの中でもいつか昭和歌謡に特化したものを作りたいと思っていたんですけど、今回、いよいよスナックにこだわった作品を作れるタイミングが来たと思って。

――タイミングが来た、というと?

JUJU:去年あたりからスナックにまつわる取材のオファーが増えてきたんですよね。雑誌がスナックの特集をしていたりするのを見ても「あれ? 世の中でブーム来てるのかな?」と思って。それに、去年の「ジュジュ苑」のアリーナツアーをやったときに「DESIRE -情熱-」や「シングル・アゲイン」を歌って、そのとき何も考えずに「今日はスナックに来たと思って、私のことをママだと思ってください」とMCで言ったんです。そしたら会場中から「ママー! ママー!」と言われ、その“スナックの体”でライヴをやるのが、もう楽しくて。それからも「JUJUママにまた会いたい」という声もあって、じゃあスナックをテーマに作品を作っちゃおう、と。

――身をもってスナックのニーズを感じたわけですね。

JUJU:そう。時代がスナックを求めているって(笑)。スナックって一回下火になった気がするんですけれど、今世の中が目覚めつつあると思うんですよね。擬似恋愛よりも、もっと深く楽しめるスナックに行くんじゃないかな。

次のページ 
原体験になったスナックは?

1
2
週刊SPA!11/1号(10/25発売)

表紙の人/ 山本彩

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!



スナックJUJU ~夜のRequest~

80年代の歌謡曲の名曲カヴァーによる極上の“スナックアルバム”




おすすめ記事