雑学

「抗菌製品」でも掃除が必要なワケ

 風邪や溶連菌感染症が毎年流行し、手洗い、うがいが叫ばれるこの季節。気をつけているつもりでも、意外な場所にも雑菌は潜んでいる。

抗菌製品の普及率は8割!ただし過信は禁物


エレベーターのボタン

意外ときれいなエレベーターのボタン

 身の回りに雑菌があふれる一方で、“抗菌”もまた、いたるところで見かける。抗菌製品技術協議会の平沼進氏は、抗菌処理の普及率は年々上がっていると解説する。

「’96年に病原性大腸菌『O157』が流行して以降です。現在では、トイレからエレベーターのボタンまで、人が触れる製品の6~8割は抗菌処理済み。ただし、一口に“抗菌”とは言っても、日本ではガイドラインがあるにとどまります。各メーカー、団体が独自に設定しているのが現状ですね」

次のページ 
そもそも抗菌の有効性とは?

1
2




おすすめ記事