雑学

浴槽の水を1か月使った男「ヌメりさえ取ればOK」

「一度限りで捨てなければならない」という概念をあえて捨て、使い捨て所品を限界まで使い倒すことにチャレンジ! すると、これまでにない新たな世界と価値観が見えてきた……?

浴槽の水の再利用にチャレンジ


浴槽

ペットボトルで水かさを増すことによって、汚水が薄まるという考えらしい

 今回、浴槽の水の再利用にもチャレンジしたが、すぐにギブアップした記者。3日目には鼻に刺さるような臭いが発生し、4日目には海中のようなヌメりが……。しかし、それを1か月も“延命”させた男がいると聞き、話を聞いた。

 大阪のライブシアター「なんば紅鶴」店長の林人生氏だ。

「1か月もすれば、あさりの酒蒸しのような汚臭が漂います。ヌメりは女性なら3日間で我慢ができなくなるレベル。ただ、そんな生活をしていた中でコツのようなものも見つけました」

 林氏によれば、3つのポイントがあるという。一つは、水の体積をごまかすためペットボトルを浴槽に入れること。もう一つは、網目の小さな洗濯ネットを浴槽につけ、汚れを取ること。そして、小まめにタオルでヌメりを掻き上げるように外に出すということだ。

 なぜ、そこまでしなければならないのか……。

「自分でもなぜこんなことをしていたのかわかりませんが(笑)。どれも、表面上綺麗にして気分をごまかしているだけなんですが、長く利用するとなるとこれは効果的なことなんです。浴槽の汚れは大きな問題にはならず、臭いとヌメり対策が肝要」

 肝心のコスパ面では、結局1日ごとに湯を足すことになるので、あまり変わらないとのことだった。

― 使い捨て商品 どこまで利用できるかな? ―




おすすめ記事