恋愛・結婚

タイのカラオケ嬢と恋愛した日本人駐在員の末路「ベッド写真をLINEで家族に送られて…」

 ASEAN地域で最大の歓楽街であるバンコク。ゴーゴーバーをはじめ、マッサージパーラー、置き屋。ときに路上の飲み屋でさえもお金さえ払えば“行為”に及ぶことができるなど、現地女性との話題は尽きないものだ。

 タイ人女性にハマってしまう日本人男性も数多く存在し、現地在住者においてはスネに傷を持っていない男性を探すほうが難しいほど。また、最初は火遊びのつもりが、実際に付き合って恋人関係に発展するケースや愛人契約に至ることも珍しくない。

 もちろん、お互いが幸せになれれば言うことはない。だが、現地在住者として多くのカップルを見てきたが、その多くが残念な結末を迎えている。

 今回は、本気でタイのカラオケ嬢と付き合っていた日本人男性の例を紹介したい。

カラオケ

ゆったりソファがある個室でイチャイチャできるのがタイのカラオケ

お持ち帰りOK! タイのカラオケシステムとは


 まずはタイのカラオケのシステムを簡単に説明すると、日本で言うキャバクラのようなもので、隣に指名した女性を付け、飲みながら遊ぶのが一般的。規模は大小あるが、日本人駐在員が行きつけのスクンビットエリア周辺では、100人以上の女性が待機する店舗も珍しくない。

 100人の女性から見つめられ、「指名して~」というラブラブ光線(ちょっと古い)を受けるのも最初こそ恥ずかしいが、慣れてしまうから不思議なもの。日本人居住区として有名なスクンビットエリアのカラオケは接待で使われることが多く、個室を用意する店がほとんど。

 家族がいる駐在員は当然お持ち帰りはせず、イチャイチャしながら終えるパターンが大半だが、店舗からすれば、お持ち帰り代(ペイバー)が見込めないため、通常の値段設定が高め。また、日本から出張で来た短期ビジネスマンは、ここぞとばかりに持ち帰ることが多いが、アテンドをする在住者にとってはそれもまた日常的な光景

 一方で、世界的に有名なタニヤエリアのカラオケは、最初から“お持ち帰り”が前提で運営されている。そのため、最初の1時間は破格で飲むことができ、ペイバーが大きな収益となっている。

 このように、「駐在員のためのスクンビットエリア」、「観光客のためのタニヤエリア」と大まかに分類できる。ちなみにこの国で売春は違法だが、店外デートは恋愛の延長上として、そこに金銭のやりとりが発生しようが、店の管轄外という建前になっている。

タニヤ

カラオケが乱立するタニヤ通り。年配観光客の姿が目立つ

次のページ 
ある日、カラオケ嬢が「お金はいらない」と…

1
2
3
4





おすすめ記事