マネー

民泊でボロ儲けできる都市はどこ? 民泊新法が制定される見通しの2017年がチャンス



 これから新規で開業するなら福岡市が狙い目と相馬さん。

「ビジネス需要が高く、観光地として人気もあるのにホテルの数が少なく、慢性的に客室が全く足りていません。昨年12月には民泊に関する条例が緩和され、参入しやすくなっているのも魅力です」

 博多区の民泊の平均宿泊費はワンルームで1泊7800円。月の平均稼働率は7割で、「Airbnb」への手数料、清掃など諸経費を引いた収益も平均17万円弱だ。家具や電化製品などに30万は必要だが、同地区のワンルームマンションの家賃が平均5万円、敷金・礼金なしの物件も多いため、短期間で初期投資の回収も可能となる。

 グレーゾーンから急速な法整備が予想される以上、勝ち組に加わりたければ、今しかない。

部屋を広く見せたり、清潔感をアピールするのも顧客獲得の重要なファクター。中国の民泊サイトへの登録も望ましい

【相馬翔氏】
「Airstair」編集長。民泊に関する情報を専門に扱うサイト「Airstair」の編集長。ホスト初心者向けのセミナーも定期的に開催。http://airstair.jp

 1/10発売の週刊SPA!に掲載されている大特集『2017年上半期に儲かる![スゴい副収入]ベスト20』では、「いまこそ仕込むべき儲けネタ」が続々登場。また、個人投資家の金森重樹氏とメガアフィリクリエイターの五十嵐勝久氏による「儲けの極意対談」も掲載。副収入ランキングの栄えある第一位は果たして……? 詳細はぜひ本誌でご一読ください。<取材・文・撮影/週刊SPA!編集部>

1
2
週刊SPA!1/17・24合併号(1/10発売)

表紙の人/ SKE48

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!





おすすめ記事