雑学

テレビ、洗濯機、冷蔵庫は何年で買い替えたほうがお得?

 TV、洗濯機などの大型家電製品。これらは身近にあるがゆえについ日常の手入れを疎かにしてしまいがち。また壊れるまで使い続けるという人も多いだろうが、適切な買い替えのサイクルがあることをご存知だろうか。

 そんな大型家電製品について、日常でできる簡単な手入れの方法と、買い替えの時期とチェックポイントを大手家電量販店員の川端洋太氏(31歳・仮名・男性・販売員歴9年)に聞いた。

テレビは買い替えサイクルを意識!置き場所は慎重に


テレビの寿命は、おおよそ5~6年と言われています。ネットの記事などでは10年程度と説明されていることもありますが、内蔵バックライトなどの寿命を考えると最高のパフォーマンスで見れる期間は5~6年といったところでしょう。また、テレビは設置場所が特に大事で、直射日光が差す場所やほこり、湿気の多い場所に置くと極端に寿命が短くなってしまいます。日常でできるお手入れ方法としては、濡らした雑巾で本体を2週間に1度拭き掃除し、接続端子やコード類に埃が被らないように清潔に保つこと。これだけで長持ちしますよ」

⇒【写真】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1294625

 川端氏によると、買い替えのチェックポイントは、電源を入れて画面が映るまでのラグが気になったり、画面の照明が暗くなってまったタイミング。この時点で寿命が近付いていると判断してよいという。

 こうなれば、修理に出しても基盤やバックライト、液晶の交換で高く付いてしまうケースが多く、思い切って買い替えたほうがお得だという。

「値段はピンキリですが、小さいテレビで2~5万円。高くても10万円程でお買い求め頂けます」(川端氏)

 テレビは家電製品の中でも非常にデリケートな製品。毎日小まめに掃除をして、大切に扱ったほうが良さそうである。

次のページ 
洗濯機、冷蔵庫の平均寿命は?

1
2





おすすめ記事