R-30

もしも自分がカネ持ちだったら…アウディ、アストン、ベントレーのどれに乗る? ドリフ的妄想で[超高級4ドア車]を批評

「もしも自分がカネ持ちだったら」なんてドリフのコント的な妄想を、みなさんも何かしらしたことはあるでしょう。もしも自分が家を買うなら、もしも自分がイケメンなら、もしも自分が女(男)なら……。そこで今回は、カネ持ちになったことがない3人が超高級4ドア車に試乗し、妄想カネ持ち目線でクルマを批評してみました。宝くじが当たればなあ~

アストンマーティン ラピードSMJブロンディ=文 Text by Shimizu Souichi
池之平昌信=写真 Photographs by Ikenohira Masanobu

もしも自分がカネ持ちだったらどの超高級4ドア車を買いますか?


MJ:本日は、「もしも自分がカネ持ちだったら」というテーマで、3台の超高級4ドア車に試乗した! SPA!ボンクラ読者諸君も、カネ持ちになったつもりで読んでもらいたい!

担当K:アウディが1857万円、ベントレーが2100万円、アストンマーティンが2445万円ですね。

流し撮り職人:僕の予算の40倍ってところですけど、宝くじが当たって始めた事業が絶好調な成金というイメージで考えてみます。

MJ:宝くじから始まるあたり、想像力が超ド庶民だが……。

K:小金持ちなら、1台でなるべく多用途に使えるクルマってことで、4WDのアウディを選びますね!

MJ:小金持ちってどれくらい?

K:大新聞や在京キー局のサラリーマンくらいです。

MJ:サラリーマンじゃ、社会保障の負担が重すぎて、こんなクルマ買えないだろ!

K:それ以上の世界はなかなか想像力が働かなくて……。とにかく青森生まれ青森育ちのワタクシとしては、雪道は4WDでないと!

MJ:ベントレーも4WDだよ。

K:えっ、そうなんですか!?

⇒【写真】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1316292

ベントレーフライング スパーV8 S

ベントレーフライングスパーV8 S。2100万円。フラッグシップのW12とV8の間のモデルV8 Sは、528馬力の4リッターV8ツインターボエンジンを搭載。基本的には自分で運転するオーナードライバー向けの超高級4ドアサルーンなんですが、運転手にまかせて後席でのんびりしたいです

職人:このベントレーは乗り心地が良かったですね~。これなら後ろでテレビを見たり本を読んだりできます。運転はボディガードに任せて、後席でタイトスカートの美人秘書と打ち合わせしたいな~。

MJ:これまた発想がド庶民!

K:ベントレーは一見カネ持ちに見えますが、これはお安い8気筒モデルですから。真のカネ持ちはW12気筒モデルを選ぶのでは?「一番高いの持って来~い!」って。

MJ:それは成金オヤジだろ!

K:だいたいベントレーのV8モデルなんて、ロールスロイスから格下扱いされそうじゃないですか! 真のカネ持ちなら、アストンマーティンを選びますね!

MJ:真のカネ持ちってどんなの?

K:資産が富を生んで、何もしなくてもお金がどんどん入ってくる人です。大型クルーザーを持ち、軽井沢と箱根、モナコに別荘があり、相撲の関取のタニマチなんかもしちゃう。カネ持ちのワタクシは、上品にラピードSを選びたいと思います。

⇒【写真】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1316305

アストンマーティンラピードS

アストンマーティンラピードS。2445万円。アストンマーティン ラピードS。2445万円。ラピードSはパナメーラ(ポルシェ)やCLS(メルセデス・ベンツ)、6シリーズ グランクーペ(BMW)などがライバルのラグジュアリー4ドアスポーツクーペ。自然吸気の6リッターV12エンジンは最高出力477馬力。老紳士に似合います

MJ:どこか下品な気もするが……。

K:なんてったってラピードSは12気筒ですから! 実際に運転すると自分が高貴な人間になった気分になりました。ほかの2台は成金的ですが、ラピードSは貴族のクルマ! 内装の適度な古臭さも、白髪の紳士をイメージさせました。しかもアクセルを踏み込んだ際、加速の割にすごくいい音がして、ますます好きになりましたね。

次のページ 
アウディなら、仕事に遊びに大活躍!?

1
2





おすすめ記事