カーライフ

続・仁義なき軽自動車バトル。新型ハスラーvs ダイハツWakuWakuのガチンコ対決勃発か?

『キッザニア』など、お子様向け展示が大人気となっている東京モーターショーだが、カーマニアはやっぱり新型車が気になる。別に買うつもりはなくても気にはなる。なにはなくとも新しいグラドルみたいなものですから。  で、今回の東京モーターショーで、ホンダフィットに続く注目の新型車は、スズキ・ハスラーだ。  ハスラーは、スズキがワゴンRをベースにクロスオーバーSUV風に仕立てた軽で、そのテキトーに作った感が大ヒットし、全国津々浦々、国民の足として親しまれるに至りました。ふだんのゲタにちょうどよくて、それでいて生活感が微妙に薄いので、ちょっとだけカッコ付けられる。この微妙な感覚がスバラシイ。  今回展示されたのは、あくまで「ハスラー・コンセプト」で、新型ハスラーじゃないけれど、「これが新型ハスラーになるに違いない!」と言われているので、その説を採用しております。

見分けがつかないけど、どこが新しくなった?

 まずパッと見。「これがホントに新型か?」と思うほど、現行ハスラーと変わってない。いわゆる超キープコンセプトだ。  でも、よく見ると変わってる。まず顔。「どこが変わったのかサッパリわからん!」と言われるでしょうが、まずヘッドライト外側についてる目じりが、ちょっと四角っぽく骨太になった。グリルやバンパーの形状も、ソフトでやさしい形状から、ハードでヘビーデューティな方向に変化している。ヘビーデューティつってもちょっとだけですけど、現行モデルより明らかにオフロード車っぽい雰囲気になっている。  これは、新型ジムニーの大ヒットに引っ張られた部分があるだろう。新型ジムニーは、徹底的に機能に徹した真四角のジープ型本格派オフロード4WD的デザインに生まれ変わって、それがそこらのオバサンにまで「カッコいいわ~」と大好評。納車2年待ちと言われるほどヒットしている。世界の潮流としては、SUVはソフトなシティ派のクロスオーバー系が主流だけど、本格派のイメージはイケる! とスズキは踏んだのでしょう。  サイドを見ても、ウィンドやドアの形状がすべて四角い直線基調に近づいている。後ろ寄りには窓がひとつ追加され、その部分は塗装もブラック系に。リヤも、上部がブラック系の塗色になっていることで、ヘビーデューティ感が増している。  全体としては、ボディ形状そのものが、より真四角に近づいているのだ。その分室内や荷室もスクエアになり、サイズはそのままでも若干広くなっているはず。
次のページ 
スズキvsダイハツの仁義なき戦い
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事