恋愛・結婚

男性は女性よりも「他人を信用できない」生き物である【カリスマ男の娘・大島薫】

 見た目は美女でも心は男――。「カリスマ男の娘」として人気を博し、過去には男性なのに女優としてAVデビューを果たした大島薫。女性の格好をしたまま暮らす“彼”だからこそ覗ける、世の中のヘンテコな部分とは?

男性は女性よりも「他人を信用できない」生き物である【カリスマ男の娘・大島薫】 いまやネットで出会うという恋愛の形は、さほど違和感のないものとなってきている。

 マッチングサービスというものをご存知だろうか? マッチングサービスとは、パートナーを見つけたい人が登録し、プロフィールなどから理想の相手を探すサービスの総称。マッチング対象はビジネスから恋人までさまざまだが、こと恋愛ジャンルに関しては、ちょっとネーミングをオシャレにした出会い系サイトみたいなものともいえる。

 こういった出会いを扱ったアプリも利用者が最近増えてきて、日本で最大規模を誇るpairs(ペアーズ)の累計会員数が500万人を突破したことなども話題となった。

 出会いの場が増えると、女性は大変だなと思う。

 ボクはごくたまに、男性から誘われる経験をする。フラリと立ち寄ったBARなんかで、いちいち「実は男性なんです」なんて言うのも面倒なので、相手が気付かなければ特に説明しないことも多い。そうすると、女性として口説かれることがある(気付いてて口説いてるのかもしれないが……)。

 男性からたまにアプローチを受けるのは楽しい。男は誰かから求められる経験に不慣れだ。ボクはこの見た目になるまで男性として暮らしてきたが、基本的に男は恋愛をする際にリードする側を求められる。だから、誰かに積極的に誘われることがいままでなかったぶん、そういう状況が面白い。

 しかし、これはボクが男性として生きてきたからであって、女性からすれば非常に面倒なのではないかと同時に考える。ちょっと愛想よくしただけで好きになられたり、密室に入ったら何を勘違いしたのか押し倒されたり。生まれてからずっと、そういう経験を何十年も続けてきたのだとしたら、そりゃもうさぞかし「男」というものにウンザリすることだろう。

ボクから見た「遊び」と「恋愛」の判断基準


 マッチングサービスはさまざまな種類がある。それこそどう見てもただの出会い系的なものから、真面目に婚活を支援しているようなものまで。しかし、女性がいくら本気でそういったものに期待をしてようと、相手になる男性が必ずしも本気とは限らない。

 遊びの出会いはいっぱい。本気の出会いはごく少数。自分のことを本気で考えてくれる男を見つけるのは、男性より女性のほうが難しい。

 では、男性として女性を口説いた経験があり、女性と見られて男性に口説かれる経験も持つボクは、仮に男性のパートナーを見つけるとき、何を基準に「遊び」と「恋愛」を判断するだろうか。

 ボクなら、「自分のことを教えたがる男性」が、本当に自分と恋愛をしたがってる人だと考える。

次のページ 
男性は女性よりも「疑り深い」

1
2





おすすめ記事