雑学

ドトールコーヒーで「食べるべき/避けるべき」メニューは? 元店長が禁断のランク付け

 先日、サービス産業生産性協議会が2017年度版JCSI(日本版顧客満足度指数:Japanese Customer Satisfaction Index)を発表。カフェ部門でドトールコーヒーが顧客満足度で3年連続の1位を獲得した(2位ミスタードーナツ、3位コメダ珈琲、4位ベローチェ)。

 コーヒーはもちろん、フードのメニューにも定評があるドトール。そこでどのメニューを食べるべきか、すべてのメニューを熟知した勤務歴5年の元店長に、内部情報を交えながらランク付けしてもらった。今回は、サラリーマンが夕方に一息ついて、もうひと頑張りできるために「コスパ」「美味しさ」「満足度」の観点からランキング。まずはベスト3から。

●3位 ミルクレープ

⇒【写真】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1360921

3位ミルクレープ

一説にはミルクレープを全国に広めたのはドトール

「こちらは高コスパではないですがとにかく本当に美味しいんです。ドトールのミルクレープは職人が一つ一つ作っていて、クオリティーが高い。あのなめらかな触感と甘みは、疲れているサラリーマンをきっと癒してくれます」

●2位 ミラノサンドA 生ハム・ボンレスハム・ボローニャソーセージ

フードの看板メニュー。「お昼はこれだけでもOK」という人も

「ミラノサンドの中では最も高カロリー。食べ応えもあり、3時間程度なら腹持ちもいいです。野菜も取れるのがこの看板メニューのいいところ」

●1位 ツナチェダーチーズ

濃厚なチーズがツナに絡まってコクがある。ブラックペッパーのアクセントもgood

「濃厚なチーズが溢れんばかりにたっぷり入っていて、腹持ちもいいし、美味しくてカロリーも高め。これ食べとけば晩飯も抜きでいけますね」

 「コスパ」「美味しさ」「満足度」のすべてで高得点を弾き出したツナチェダーチーズが1位を獲得。2位のミラノサンドAはハムが3種類使われており、他のミラノサンドに比べレタスが倍の分量入っているのもポイント。3位のミルクレープは圧巻の美味しさで、一度食べたら病み付きになることうけあいだ。

<ドトールのフード トップ3>
1位 ツナチェダーチーズ(税込)340円……527kcal 100円当たり155kcal
2位 ミラノサンドA(税込)410円……445kcal 100円当たり 111kcal
3位 ミルクレープ(税込)360円……260kcal 100円当たり 72kcal

次のページ 
がっかりなメニューワースト3は?

1
2





おすすめ記事