ライフ

ポテトサラダで食中毒の謎と対処【コラムニスト木村和久】

 とりあえず、かき揚げで当たったということにして話を進めますが、それでは最初からかき揚げに、食中毒の菌が混入されていたのか? それは謎である。  その某うどん屋には伏線がありました。日本人もいるんだが、不慣れな東南アジアの従業員もいる。とある日、入って間もない雰囲気の外国人従業員がうどんをゆがいていた。その店は目の前でうどんをゆがくんだけど、そのうどんの1~2本が落ちて、生ゴミを入れるトレイに入ってしまった。それを何気に手で拾って、また湯切りの網に入れているから驚いた。一瞬目と目があったけど、わざと素知らぬふりをするんですな。これはまずいんじゃない的な雰囲気が漂った。陰でやる分には見えてないから仕方ない。でも、はっきりと目の前でやったらアウトでしょ。  だから食中毒になる前に、このうどん屋はちょっと信用できなという印象を持っていたのだ。  以前、ネットで炎上したうどん屋はせいろの裏側をお客さんが見たら、かびがびっしり生えていたというもの。こういうのはたまにある。ブルーベリーの生をスーパーで買うと、底の部分にカビが生えていることもよくある。滴だかカビだか、よく理解しないで店頭に出しているのだ。  そんなわけで、食中毒を起こしたうどん屋はかき揚げそのものがヤバイのか、調理過程、陳列過程で菌が移ったのかは謎だ。もちろん客観的証拠はないので、クレームは出してない。けど、その店には一生行かないつもりです。  こう考えると、大きなニュースネタになるのは病原性大腸菌O157級の食中毒であり、軽めの食中毒は、日常茶飯事的に起きているのではないでしょうか。  誰か「お腹痛いアプリ」みたいなのをこさえて、下痢と嘔吐になった人がその店舗で何を食べたのか、原因らしきものを書き込んで行く。すると、あるどこかのうどん屋がしょっちゅう名前が上がってくるとかね。まあ、営業妨害になる可能性もありますから、現実的には難しいところですが。
木村和久

木村和久

 我々ができることは、並べてある食べ物が清潔になっているか、厨房など見えるところでいいから、綺麗にしてあるか。落ちたうどんを拾って、再利用してないか。そういうのを注意してみるしかないですね。 ■木村和久(きむらかずひさ)■ トレンドを読み解くコラムニストとして数々のベストセラーを上梓。ゴルフやキャバクラにも通じる、大人の遊び人。現在は日本株を中心としたデイトレードにも挑戦トレンドを読み解くコラムニストとして数々のベストセラーを上梓。ゴルフやキャバクラにも通じる、大人の遊び人。現在は日本株を中心としたデイトレードにも挑戦。著書に『50歳からのかろやか人生』
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事