雑学

ペヤング vs UFO、どっちが好き?カップ焼きそば対決の結果が熱い

 残業中のオフィス。ドボボボッという湯切り音がしたかと思えば、プゥ~ンと香ばしいソースの匂いが職場に充満。その存在感を否応無しに見せつけるインスタント食品がカップ焼きそばだ。

 異物混入騒動による販売停止では“ペヤングロス”なる言葉の広まりは、その渇望感の大きさを端的に示している。「俺たちハードワーカーには、カップ焼きそばが必要だった」ことを再認識した労働者諸君も多いのではないだろうか。

 もちろん、ペヤングのみがカップ焼きそばにあらず。数多くあるカップ焼きそばのうち、編集部が勝手に対抗馬にセレクトしたのが「日清焼きそばU.F.O」(以下、UFO)。まずは、両者の基本スペックを確認したい(一平ちゃんファンの方、ごめんなさい)。

・ペヤング(まるか食品) 希望小売価格:175円(税別) 内容量:120g 100gあたり:約145.8円
・U.F.O(日清食品) 希望小売価格:180円(税別) 内容量:128g 100gあたり:約140.6円


 コスパでいえば、僅かながらUFOのほうが勝るが人気ではどちらか。そこで今回、日刊SPA!は20~50歳の全国男性100人を対象に「カップ焼きそばの『ペヤング』と『UFO』、あなたが好きなのはどっち?」というアンケートを実施(売上シェアとは別物です)。結果は以下のとおりだ。

Q.カップ焼きそばの「ペヤング」と「UFO」、あなたが好きなのはどっち?

ペヤング 24人
どちらかといえばペヤング 22人
どちらかといえばUFO 21人
UFO 33人


=======

 ペヤング46票に対して、UFO54票。「どちらかといえば~」に票が集まったことを見ても、かなりの接戦だったことが窺えるが、結果はUFOに軍配。まずはUFO派の理由を見ていこう。

「ペヤングのほうが味は濃いけどUFOのほうが旨味がある」(29歳・青森県)
「UFOのソースが納豆にあう」(44歳・神奈川県)
「UFOのほうが具もしっかりしていておいしい」(46歳・兵庫県)
「少々堅めに麺を準備し、ソースをからめる。 うまい。においが忘れられない決め手だ」(45歳・岐阜県)

 内容量うんぬんではなく、味に対するこだわりが多数見られた。一方のペヤング派の主張は以下のとおり。

「ソースの微妙なコショウ味がいい」(47歳・埼玉県)
「ソースにコクがあって、クセになるおいしさがある」(50歳・福岡県)
「匂いはUFO、味の好みはペヤング」(37歳・愛知県)
「ペヤングだけは独特の味だと思う」(30歳・長野県)

 今回の調査は全国を対象にしたため、「関西人はペヤングに馴染みがない」(42歳・大阪府)、「関西ではあまりペヤングを見かけない」(38歳・奈良県)といった意見も目立ったため、“関西バイアス”がかかっての集計結果であることをお断りしておく。ちなみに、ペヤングが関西地方に販路がなかったのはかつての話で、今では店頭に並んでいる。それでも、「大阪では、昔はペヤングを見かける機会がなくて小さい頃は食べたことがなかった。一方、UFOは昔からどこでも大量にあったのでよく食したし、今でもおいしいと感じる。今ではペヤングも店頭で並んでいるのをよく見かけるし、食べる機会もあるが、どっちかと言われればUFOを選択する」(38歳・大阪府)とのことなので、やはり、愛着やイメージによる商品の好き嫌いはあるようだ。

 ちなみに、「二択じゃなければ、やきそば弁当がマスト」(41歳・北海道)、「やきそば弁当を忘れてませんか?」(37歳・北海道)というコメントがあり、何のことやら……と思っていたが、「やきそば弁当」(東洋水産)という商品が北海道エリア限定で販売されていることがわかった。結局は“慣れ親しんだ味”を選ぶということは確かなようだ。<取材・文/日刊SPA!取材班>

やきそば弁当

画像は公式サイトより

【調査概要】
調査方法:アイブリッジ(株)提供の「リサーチプラス」モニター(20~50歳男性)に対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。調査期間:2018年4月18日 有効回答者数:20歳から49歳 全国の男性100名




おすすめ記事