雑学

不健康なのはどれ? 吉野家「牛丼つゆだく」×松屋「カレギュウ」×すき家「ねぎ玉牛丼」

 健康な食事をしたくとも、忙しさからコンビニや外食に頼ってしまう。そんな現代人は少なくない。サラリーマンがコンビニや外食で選びがちな食事を、ケース別に比較。どっちが不健康メシかを専門家に診断してもらった。

ねぎ玉牛丼大盛り

「緑黄色野菜のネギを摂取できるため、栄養バランスがマシ」(川村氏)

サラリーマンの味方“牛丼”対決

吉野家の大盛りつゆだく(550円)VS松屋のカレギュウ並盛り(550円)VSすき家のねぎ玉牛丼大盛り(610円)

 安くて早くて満足感も抜群の牛丼は、男の鉄板メシだ。そこで、人気牛丼チェーンから「吉野家の大盛りつゆだく」「松屋のカレギュウ並盛り」「すき家のねぎ玉牛丼大盛り」の3メニューを比較。

 不健康メニュー枠からイチ抜けしたのが、「すき家のねぎ玉牛丼大盛り」。

「カロリーは高いものの、ネギが多くて、食物繊維や免疫力を高めるアリシンが摂れる。卵でタンパク質も十分です」(管理栄養士・浅野まみこ氏)

 条件つきで次点を獲得したのが「吉野家の牛丼つゆだく大盛り」。

牛丼つゆだく

「つゆだくは食べるスピードが速くなり、満腹感が少ないのもマイナス」(浅野氏)

「つゆに糖質が多く含まれているので、『健康メシ』ではないです。本当は『つゆなし』がいいですが、食べるならつゆを飲み干さないように注意してください」(城西大学教授の金本郁男氏)

 そして、3メニューから、最も不健康だと満場一致で決まったのが、「松屋のカレギュウ並盛り」。

カレギュウ

松屋のカレギュウ並盛り(550円)

「悩みましたが、『つゆだく』のほうが脂質とカロリーが低いです。『カレギュウ』は、カレーと牛肉が合体して、脂質量がダントツ。これが危険です」(管理栄養士の川村郁子氏)

《不健康なのはコレ!》
不健康指数★★★★★
カレーと牛肉の最悪タッグで、脂質量は悪魔的な多さに……

【川村郁子氏】
管理栄養士。Ikofood代表。病院栄養士経験後、独立。栄養専門学校講師や栄養ライターとして「食いしん坊でも健康になるコツ」を発信

【金本郁男氏】
城西大学薬学部教授。28年間の病院薬剤師としての経験を生かし、食事療法の研究を行う。著書に『ゆるい低糖質ダイエット』(池田書店)など

【浅野まみこ氏】
管理栄養士。エビータ代表。企業での栄養管理やコンサルティングを行う。著書に『「コンビニ・外食」で健康になる方法』(草思社)

― 不健康メシはどっち? ―
取材・文・調査/週刊SPA!編集部





おすすめ記事