R-30

送別会で20万円のプレゼントを要求したボッタクリ上司。要求はエスカレートして…

 新入社員、退職者、異動、転勤。出会いがあれば、別れもある。少しセンシティブな入れ替わりのタイミングが過ぎた6月。送別会では、上司のこれまでの労をねぎらい、花束やプレゼントを渡した部署も多いだろうが……。

 功績はもちろん、人望によってプレゼントの中身は変わってくる。とはいえ、なかにはその善意を利用するなど、とんでもない勘違い行動をする上司の姿も。そんな、この季節だからこその“トンデモ上司”の逸話が届いた。

送別会

「プレゼント自分で買っていい?」20万円を部下から集金


 大手製造業の管理職であるHさん(42歳)。今春の人事異動で辞令を受け取った上司に驚かされたそうだ。

 Hさんの勤務する支社のトップであり、複数部署の部長も兼任するA氏が、本社へ栄転することとなった。早速、Hさんは同僚とプレゼントの相談をすることに。

「うちの支社では異動の際、高級ボールペンや名刺入れなど、仕事に欠かせないグッズを贈る慣習があるんです」

 もちろん、異動するA氏も重々承知の恒例行事なわけだが……。モンブランのボールペンを贈ろう! と皆で決めた翌日、トイレに立ったHさんを追いかけてきたA氏がひと言。

「俺、文房具いらないから、好きなもの買っていい?

 急に声をかけられたHさんは、固まってしまった。

「なんのことかと思いましたが、すぐに送別の品の件だなって。答えに詰まっていると、勝手にOKと解釈したようで、満足気な表情をしながらデスクに戻って行きました」

 後日、A氏直属の部下が領収書を持って集金に。

「高級ブランドの財布を買っていました。20万円くらいの。完全に予算オーバーですけど、みんな仕方なく払ったようです」

 これで済めば、ちょっと面倒くさくてケチな上司って程度なのだが、A氏の物欲は止まらなかった。

「自分が担当している事業部すべてに同様の送別を希望したんです。ネクタイにベルトなど、欲しいものを買ってきて、その度に手下が領収書片手に各デスクを行ったり来たり。アイテムの価格を、微妙に部署の規模に応じさせているのが、またいやらしくて」

 当然、複数回支払う社員が出てくるわけで、不満の声だって増えてくる。

「特に給料が低い若手にはかなりのストレスだったと思います。一応トップですからね。誰も直接は言えませんが、集金にくる手下くんにはだいぶ冷たく当たっていましたよ」

次のページ 
次第に要求がエスカレート、さらには…

1
2




おすすめ記事