ニュース

花札、丁半、パチンコ、公営競技…和式ギャンブルでギャンブルツーリズムは成功するのか?

POKKA吉田&木曽崇のギャンブル放談<6>

 日本版IRが少しずつ進み始めているのだが、それに伴って見込まれる外国人観光客についても注目が集まっている。いわゆるギャンブルツーリズムである。日本にはパチンコ・パチスロ、競馬、競輪、ボートレース、オートレースと他国にはないギャンブル文化がある。日本版IRにおいても花札や手本引、丁半など、和風ギャンブルを取り入れるのか?といった噂もネットでは流れている。今回はあまり語られることのない、ギャンブルツーリズムの今と未来、そして日本版IRの中身についてギャンブル界のご意見番、POKKA吉田氏と木曽崇氏に語ってもらった。

パチンコ、公営ギャンブルが外国人観光客を取り込む難しさ


──外国人観光客を取り込むための施策の一環として、日本でもカジノ関連施設を整備することになったわけですが、こうしたギャンブルツーリズムを、他の公営ギャンブルやパチンコでも取り込むことはできるんでしょうか。

オートレース

バイクレースは世界中で行われているが、オートレースのような形式はほぼ日本のみ。こちらもジャパンオリジナルなギャンブルである

木曽崇:パチンコ業界でも、3年ほど前から外国人観光客を取り込む施策を始めています。大手のホールが中心になって、訪日外国人向けのコンセプトをもった店舗開発をやっているんです。マルハン歌舞伎町店とか。しかし訪日外国人客だけであの歌舞伎町店はもたない。結果論として、訪日外国人だけで一店舗分をまかなえるほどの需要はないんですよ。やっぱり日本人でもってるなかで、プラスアルファで訪日外国人客が来てくれたらいいよね……ぐらいのものであって、今のところはまだ残念ながら大きな需要は出てないです。1億2千万人の人口が、365日この列島のなかで生活してるわけじゃないですか。どんなにいま訪日外国人が増えてるったって、せいぜい年間2700万人×数日間しか日本に滞在してないわけで、母数が違いすぎるんですよ。頭数で考えたら、どうしても日本人を中心に集客をせざるを得ない。

POKKA吉田:ギャンブルツーリズムが成立するからこそ、日本版IRが実現したわけだけど、その成立のしかたは、業種によって変わってくるって話だよね。

木曽崇:パチンコ遊技のギャンブルツーリズム化の難しさっていうのは、ベット金額に上限があるからなんですよ。パチンコの場合は、時間当たりの消費単価が法律上決まっているので、お客の頭数が少なければそのままダイレクトに売上も少なくなる。ところが我々カジノ業っていうのは、少人数のお客様でも、その人たちのひとりあたりの消費金額が大きければ、業としては成り立つんです。実際日本のカジノも、数の上では日本人の方が多いかもしれないけど、売上という面で見れば、外国人の方が多くなる可能性はあります。

POKKA吉田:たとえばアラブの石油王とかが、ものすごく心地よく1か月滞在できるIRがあれば、それでギャンブルツーリズムは成立するよね。

木曽崇:まぁ、イスラム教徒はギャンブルNGだけどね(笑)。

──日本の公営ギャンブルの問題として、ギャンブル禁止の国からやってきた外国人を勧誘する施策をおおっぴらに打つのは、まずいんですかね。

POKKA吉田:韓国は自国民にギャンブルを禁じてますね。あの国は、法律の運用の思想が違っていて、韓国でつくられた法律は韓国国内だけじゃなくて、広く世界中にいる韓国人にあまねく適用されるんです。これはね、先進国ではまずないです(笑)。

木曽崇:日本の刑法の賭博罪は属地主義なので、日本の領域のなかで効力を発揮する。日本国内で違法賭博をやったら外国人であっても裁かれるわけです。一方で、韓国の刑法賭博罪は属人主義で、韓国人をしばっています。なので彼らは、外国で常習賭博に相当するようなギャンブルの仕方をしてしまうと、国内法で裁かれてしまう可能性がある。そんなルールで、もうすでに芸能人が摘発受けたケースもあります。

POKKA吉田:オ・スンファンとかそうだもんね。

──日本に来る外国人の1位が中国人で、2位が韓国人ですよね。韓国を取れないっていうのは厳しいんじゃないでしょうか。

木曽崇:韓国のお客さんを取れないようだと厳しいけど、日本側のスタンスからすると、たとえ韓国人であっても海外での永住権を持ってる人たちは、韓国刑法の範疇から外れるらしいんですよ。

POKKA吉田:どうやら、昔はグレーゾーンだったらしいんですけどね。在日韓国人が韓国から見た外国人専用のパラダイスカジノあたりに行って、「なんで入れないんだ!」みたいなトラブルが多かったみたいですが、今はふつうに入れるんだって。日本に永住権を持ってるとか在外韓国人で韓国国内に住んでない証明ができるとか細かい要件はあるようだけど。

木曽崇:そうすると、パスポートを見ただけでは、この人が韓国刑法に基づいてNGのお客さんなのかそうじゃないのか判別のしようがないんです。わからない以上、我々は、いわゆる「善良なる第三者」という立場で彼等をおもてなしをするしかないわけですよ。日本のみならず世界中のカジノが、そういうスタンスで韓国のお客さんを受け入れています。

次のページ 
日本独自の賭博ができるのは当面先な理由

1
2





おすすめ記事